• TOP
  • ライフ
  • 使用済みカイロ、保冷剤は不燃?可燃? 正しいごみの捨て方

ライフ

2020.01.19 16:00  女性セブン

使用済みカイロ、保冷剤は不燃?可燃? 正しいごみの捨て方

現役清掃員の芸人・マシンガンズ滝沢秀一

「刃物類を捨てる際は清掃員がけがをしないよう配慮が必要です。厚紙や新聞紙で刃先まで包み、抜けないように粘着テープで固定し、“危険・刃物”と明記。不燃ごみか危険物で出します。カッターの刃や割れたガラスなども同様にお願いします」

【保冷剤は不燃ごみ?】

 そのまま燃えるごみに出してOK。「保冷剤は約98%の水と2%の高吸収性ポリマーという物質でできています。ほとんどが水分ですが、中身を排水溝に流すと保冷剤が水分を吸収し、詰まることがあるので絶対やめましょう」。

【乾燥剤はどこに?】

「菓子やのりなどの袋に入っている乾燥剤は、基本的に燃えるごみ。ただし、石灰乾燥剤タイプは水に濡れると熱を持つ性質があるので、燃えるごみに水気の多い生ごみが入っている場合は、燃えないごみで出しましょう」

※女性セブン2020年1月30日号

関連記事

トピックス