ビジネス

森ビル・辻慎吾社長「世界と戦える東京」を創りたい

森ビルの辻慎吾社長

 六本木ヒルズや表参道ヒルズ、虎ノ門ヒルズなど、森ビルは世間の話題を集める街づくりを手がけてきた。大手ディベロッパーの中でも異能集団と呼ばれる森ビルの哲学とは何なのか、辻慎吾社長(59)に訊いた。

──このシリーズでは最初に「平成元年(1989年)に何をしていたか」を伺います。

辻:私は1985年に森ビルに入社しました。その頃進行中だった「アークヒルズ」(1986年竣工)プロジェクトの社会的なインパクトに大きな魅力を感じたからです。

 1989年は「表参道ヒルズ」(2006年竣工)の開発に携わっていました。もともとは別のディベロッパーが手がけていた案件で、その会社が開発から降りて代わりに森ビルが出ていくという時期でした。

 大きな再開発事業でディベロッパーが変わるのは地権者にとって不安なことですし、当時の森ビルは再開発の実績に乏しかった。そのため地権者の方々に信頼してもらうことから取り組みました。

──当時はバブル全盛期で、不動産は必ず値上がりするという「土地神話」がもて囃されていた。

辻:新入社員の頃は用地買収をしていましたが凄かったですね。1週間で1割も価格が上がった物件もありました。10億円で買えると思っていた物件が、1週間後には11億円ですから。ただ、我々はあくまで再開発を手掛けるディベロッパーであり、転売には興味がありませんので、バブルの頃はあえて様子見することが多かったかもしれません。

──不動産の激動期や表参道ヒルズ開発の経験は今に活きている?

辻:地権者の方々に賛同してもらえない限り、都心を再生していく大きな再開発は成しえません。それらの事業に関わったことで、森ビルの社風でもある、粘り強く人と向き合っていく経験値を積めたと思います。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン