ビジネス

森ビル・辻慎吾社長「世界と戦える東京」を創りたい

森ビルの辻慎吾社長

 六本木ヒルズや表参道ヒルズ、虎ノ門ヒルズなど、森ビルは世間の話題を集める街づくりを手がけてきた。大手ディベロッパーの中でも異能集団と呼ばれる森ビルの哲学とは何なのか、辻慎吾社長(59)に訊いた。

──このシリーズでは最初に「平成元年(1989年)に何をしていたか」を伺います。

辻:私は1985年に森ビルに入社しました。その頃進行中だった「アークヒルズ」(1986年竣工)プロジェクトの社会的なインパクトに大きな魅力を感じたからです。

 1989年は「表参道ヒルズ」(2006年竣工)の開発に携わっていました。もともとは別のディベロッパーが手がけていた案件で、その会社が開発から降りて代わりに森ビルが出ていくという時期でした。

 大きな再開発事業でディベロッパーが変わるのは地権者にとって不安なことですし、当時の森ビルは再開発の実績に乏しかった。そのため地権者の方々に信頼してもらうことから取り組みました。

──当時はバブル全盛期で、不動産は必ず値上がりするという「土地神話」がもて囃されていた。

辻:新入社員の頃は用地買収をしていましたが凄かったですね。1週間で1割も価格が上がった物件もありました。10億円で買えると思っていた物件が、1週間後には11億円ですから。ただ、我々はあくまで再開発を手掛けるディベロッパーであり、転売には興味がありませんので、バブルの頃はあえて様子見することが多かったかもしれません。

──不動産の激動期や表参道ヒルズ開発の経験は今に活きている?

辻:地権者の方々に賛同してもらえない限り、都心を再生していく大きな再開発は成しえません。それらの事業に関わったことで、森ビルの社風でもある、粘り強く人と向き合っていく経験値を積めたと思います。

関連キーワード

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン