ビジネス

森ビル・辻慎吾社長「世界と戦える東京」を創りたい

──東京では大手町や丸の内、有楽町、渋谷、品川などでも再開発が進んでいる。競争や棲み分けをどう考えるか。

辻:ヒルズのような建物が、すべての街になければいけないということではなく、丸の内のようにビジネスに特化したエリアがあってもいいし、IT企業が集積する渋谷のような街があってもいい。それが差別化にもなるでしょうし、選択肢があればあるほど都市は強くなる。様々な特徴を持った街が集合することが東京の強みになれば理想的です。

 実は、東京の中でのパイの奪い合いはあまり重要ではない。むしろ問題なのは東京から企業が海外に出ていってしまうことです。我々が戦っているのは東京の他のエリアではなく、シンガポールや香港、上海、ロンドン、ニューヨークといった世界の主要都市です。

──その中で、森ビルの再開発の今後の展望は?

辻:六本木ヒルズに隣接する「六本木五丁目プロジェクト」は、これから都市計画の手続きを進める段階ですが、大きな可能性を感じている。

 また虎ノ門ヒルズの界隈には、まだまだ老朽化した小規模なビルが集積しているエリアもありますから、開発エリアが残っている。

 今後の都市間競争において、東京に何がもっと必要で、何をどう直していくべきなのか、腰を据えて考えていきます。

【PROFILE】
●辻慎吾(つじ・しんご)/1960年広島県生まれ。1985年横浜国立大学大学院工学研究科修了後、森ビル入社。2006年取締役(六本木ヒルズ運営室長兼タウンマネジメント事業室長)、2008年常務、2009年副社長を経て2011年6月より現職。

●聞き手/河野圭祐(ジャーナリスト=かわの・けいすけ):1963年、静岡県生まれ。経済誌編集長を経て、2018年4月よりフリーとして活動。流通、食品、ホテル、不動産など幅広く取材。

※週刊ポスト2020年2月7日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン