芸能

「梵天丸もかくありたい」の元子役が語る『独眼竜政宗』秘話

かつての名子役はいま

 初回視聴率19.1%、直近の第3回放送も16.1%と好発進した大河ドラマ『麒麟がくる』。「大河らしい大河」と評価される演出と、長谷川博己の好演が話題となっている。59作目になる同作だが、大河の歴史を振り返れば、歴代最高となる「平均視聴率39.7%」という驚異的な数字を残した作品があった。1987年放送の『独眼竜政宗』だ。同作に出演して大きな話題を呼んだ元子役が、今回、インタビューに答えた。

『週刊ポスト』が行なった「歴代最高の大河」を選出する読者1000人アンケートでも、見事1位に輝いた『独眼竜政宗』。渡辺謙演じる主人公・伊達政宗の幼年期である「梵天丸」が不動明王像に向かって「梵天丸もかくありたい」と話した言葉は流行語になり、真似する子供が続出した。

 梵天丸を演じた藤間勘十郎氏(39)は、現在、歌舞伎舞踊の振り付け師の家系「宗家藤間流」の8世宗家として流派を率いている。勘十郎氏が当時を振り返る。

「その頃、僕は幼稚園の年長さんでした。覚えているのは、夜中の撮影がとにかくキツかったこと。当時は労働基準法に子役(18歳未満の年少者)の深夜労働を禁じる規定がなく、撮影が日をまたぐこともザラだった。僕は寝たらなかなか起きられなかったので、夜中にロケバスで居眠りをしていて叩き起こされるのが辛かった。夜中の12時半に起こされて、午前1時からまた撮影ですから、とにかく、いつも眠くて眠くてしょうがなかったんです。もちろんいいお役をいただいているという自覚はあったのですが、この“眠気との闘い”は辛かったです」

 幼くして病で“独眼竜”になるシーンはとりわけ苦労したという。

「心情の変化を表わすために、ニワトリ小屋で暴れるという撮影がありました。助監督たちが『ニワトリを投げつけるから思いっきり叩け!』と言って、ニワトリをけしかけてくるんです。ニワトリって、飛び上がっても低空飛行でしょう? ちょうど、僕の顔くらいのところに飛んでくるので、怖くて反射的に避けようとすると『逃げ回っちゃダメだ!』って……。いまだにニワトリは苦手です(苦笑)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン