渡辺謙一覧

【渡辺謙】に関するニュースを集めたページです。

小栗旬
海外展開に意欲を燃やす小栗旬と鈴木亮平 渡辺謙が後継者に推したのは?
 ドラマの主演とせりふがほとんどないチョイ役。いまから14年前に、そんな立場で出会った同学年の2人の俳優。時間の流れと共に演者としては肩を並べるまでになった。親友でありライバルでもある両者の関係が大きく変わろうとしている。 立て続けに首都圏を襲う大きな地震。ニュース速報としてテレビ画面に映し出された島は、崩れ落ちながら海中に消えていった。まさかの日本列島が沈没する物語のプロローグ──。これは10月10日に放送が始まった日曜劇場『日本沈没─希望のひと─』(TBS系)のワンシーンだ。香川照之(55才)をはじめ、杏(35才)、松山ケンイチ(36才)、仲村トオル(56才)ら豪華キャストが顔を揃えるなか、堂々と主役を張るのが小栗旬(38才)だ。「ドラマ制作費は映画並みの20億円。Netflixで世界にも配信されている大作で、TBS局内からも大きな期待が寄せられています」(ドラマ関係者) それだけに、小栗が受けているプレッシャーは相当なものだが、加えて“前任者”の存在がその重圧をさらに大きなものにしているという。8日放送の『A-Studio+』(TBS系)に出演した小栗は、MCの笑福亭鶴瓶(69才)から前クールで同じ放送枠だったドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』について話を振られると、「超プレッシャーですよね、あんなこと起こると」「超比較対象になるじゃないですか」と愚痴をこぼした。 何しろ『TOKYO MER』は初回視聴率14.1%からスタートし、最終回では19.5%をマークしている。『日本沈没』は初回の世帯視聴率が15.8%(関東地区)と好スタートを切り、一安心しているかと思いきや、小栗は心中穏やかではないようだ。「最近の日曜劇場は、放送中にクランクアップを迎えるスケジュールが多かった。『TOKYO MER』もそうでしたし、4月クールの『ドラゴン桜』は最終回放送の前日まで撮影をしていたぐらいです。視聴者の反応をギリギリまで見ながら、脚本などのテコ入れができ、それが高視聴率につながっていました。 ところが、『日本沈没』は、小栗さんがハリウッド挑戦や来年のNHK大河ドラマ主演と多忙のため、今年の初めにはもう撮影が終わっています。視聴者の反応を見ながらの変更はきかない状況です。さらに小栗さんにプレッシャーを感じさせているのが、『TOKYO MER』の主演が鈴木亮平さん(38才)だということ。最近、彼とは何かと比較されることが多いようなので」(テレビ局関係者) 小栗と鈴木は共に身長180cm台の半ばで演技派、そして同学年で親友といえる間柄だ。しかし、芸能界での活躍は小栗の方がずっと早かった。小栗は15才で大ヒットドラマ『GTO』(1998年・フジテレビ系)に出演して注目を浴びた後、演出家の蜷川幸雄さん(享年80)の舞台に上がり、演技を磨く。そして『花より男子』(2005年・TBS系)でブレークするや、多くの人気ドラマや映画で主役を務めてきた。そんな小栗の背中をはるか後方から追いかけてきたのが、鈴木だった。「鈴木さんは2007年の小栗さん主演のドラマでデビューし、このとき2人は初めて顔を合わせたそうです。鈴木さんはせりふが1つか2つのチョイ役でしたが、小栗さんは鈴木さんの潜在的な才能を見抜いていた。2010年に小栗さんが監督を務めた映画『シュアリー・サムデイ』に鈴木さんを起用、2013年の映画『HK/変態仮面』で脚本に協力した小栗さんは、“主演は亮平がいい”とアシストしたんです。ほとんど裸の“変態”を演じるということで、多くの役者が出演を躊躇するなか、鈴木さんは二つ返事で受けた。以来、鈴木さんは小栗さんを恩人だとよく言っています」(芸能関係者) それから地道に俳優の道を歩み続けた鈴木。愚直な役作りや迫真の演技が評価され、2018年にはNHK大河ドラマ『西郷どん』の主演の座を射止めた。「この『西郷どん』に小栗さんは坂本龍馬役で出演。重要な役ですが、いわば脇役。初対面のときと立場が逆転しました。小栗さんは来年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で初主演が決まっていますが、大河では鈴木さんに先を越された。親友として喜びを感じる一方、鈴木さんの“下克上”に内心、焦りを感じていたかもしれません」(前出・芸能関係者)渡辺謙が後継者に推したのは もう1つ、小栗が焦燥感に駆られる出来事が起きていた。それは、小栗にとってハリウッド初進出作となった、映画『ゴジラVSコング』(日本公開は今年7月)への出演だ。「小栗さんが演じたのは、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズで、前2作で渡辺謙さん(61才)が演じた博士の息子という重要な役でした。小栗さんは所属事務所のバックアップの下、語学留学を経て、英語力をつけて万全の態勢で挑んだ。ところが、蓋を開けてみると、登場シーンは大幅カット、白目をむいた顔をアップで抜かれるシーンでは劇場から失笑が漏れるなど、面白キャラ扱い。これには小栗さんも心を痛めていたようですよ」(映画配給会社関係者) 小栗にとってハリウッド進出は悲願だった。小学校の卒業文集に「夢はハリウッド」と綴り、中学時代には「アメリカでの経験を生かして日本で制作者」になる、とより具体的なものになっていた。2019年の夏にはロサンゼルスに居を構え、家族と共に渡米。本格的にハリウッド俳優の仲間入りを果たすはずだったのだが……現実は甘くなかった。「不自然に出番が少ないうえに、正直、浮いているところもあったと感じます。製作側が演技よりもアクションを重視する方針に変更したこともあり、いつもの小栗さんのような存在感はありません。小栗さんの意欲が空回りした印象です」(映画ライターの前田有一さん) 一方の鈴木は東京外国語大学卒で英語とドイツ語を流暢に操るトリリンガル。彼も「海外での活躍」を望み、昨年はついにハリウッドへの足がかりを掴んだ。鈴木は渡辺謙が出演し、製作にもかかわるハリウッドとWOWOWの共同制作ドラマ『TOKYO VICE』への出演が内定していた。「渡辺さんが以前から高く評価していた鈴木さんを猛プッシュして、出演が決まっていました。ただ、コロナの影響で同作の制作は延期。スケジュールが合わなくなり、鈴木さんのハリウッドデビューは“幻”となってしまったのです。しかし、渡辺さんが“ハリウッドの後継者”として鈴木さんを推していた、というのが垣間見えました」(前出・映画配給会社関係者) もし鈴木がハリウッド作品に出演できていたら、完全な下克上となったかもしれない。とはいえ、小栗が日本を代表するトップ俳優であることは変わらない。どちらが先に国際俳優として名を上げるのか。映画評論家の秋本鉄次さんは、こう分析する。「アメリカで成功する日本人俳優は無骨でちょっとミステリアスな雰囲気を持っているタイプ。小栗さんよりも鈴木さんの方がそういう役をこなせる気がします。彼が演じる役の“ギャップの激しさ”や狂気的な演技はアメリカでも通じるでしょう。小栗さんは、高い演技力と日本人的な色気が武器ですが、それは海外で理解されるまで時間がかかりそうですね」 世界配信される『日本沈没』で、小栗の面目躍如となるか。※女性セブン2021年10月28日号
2021.10.17 16:00
女性セブン
この人が?!聞いて驚く「バツ2」以上の芸能人
この人が?!聞いて驚く「バツ2」以上の芸能人
今の時代、一度離婚を経験したバツ1は珍しくありませんが、バツ2と聞くと少し驚きませんか?「何か理由があるのかな?」「結婚にあまり向いてない?」などと勘ぐってしまいそうですが、実は芸能人にもバツ2の方が結構いらっしゃるんです。「え、この人がバツ2なの?」と驚くことも。今回はバツ2以上の芸能人・有名人をご紹介していきたいと思います。バツ2以上の俳優さんまずはバツ2以上の俳優さんをみていきましょう。「この人が?」と意外な方から、納得の方まで。吉田鋼太郎さん舞台やドラマなどで活躍されている個性派俳優の吉田鋼太郎さん…実はバツ2。一度目、二度目に結婚したお相手は一般の女性で、二人目の奥さんとの間にはお子さんも誕生していますが、あえなく離婚。まだほぼ無名時代だったのでさほど報道されず、知らない人も多いでしょう。そして2016年には22歳年下の一般人女性と再々婚。2021年春にはお子さんも生まれて、62歳でパパになりました。六角精児さん名脇役として数々の作品に出演している六角精児さんは、3度の離婚歴があるのです。少し意外に感じますが離婚の原因は、ある日突然妻が愛想を尽かして去ってしまったとご本人が語っています。現在は4度目の結婚をしていますが、そのお相手は二度目に離婚された女性だとか。元奥さんと縁あって再婚したのですから、今度こそは幸せな毎日を送れるといいですね。石田純一さん石田純一さんは過去に女性関係で世間を賑わせていましたね。「不倫は文化だ」という発言も有名。そんな石田さんには二度の離婚歴があります。一度目は学生結婚で、元奥さんとの間にいしだ壱成さんが生まれています。二度目は女優の松原千明さんと結婚し、モデルとして活躍されているすみれさんが生まれますが、石田さんの不倫が原因で離婚。そして2009年に現在の奥さんである東尾理子さんと再々婚し、3人の子宝に恵まれています。「二度あることは三度ある」と言いますが、幼いお子さんのためにも三度目がないことを祈りましょう。バツ2以上の女優さん次にバツ2以上の女優さんたちです。お美しい方ばかりなのが印象的。ともさかりえさん子役から活躍されている女優のともさかりえさんは二度の離婚歴の持ち主。一度目は2003年に俳優の河原雅彦さんと結婚し、長男を出産しましたが2008年に離婚。その後2011年にはミュージシャンのスネオヘアーさんと結婚し、5年後に二度目の離婚。バラエティー番組でラブラブな様子を公開していただけに驚く方も多かったのでは。息子さんは2度も父親と別れを経験したことになりますね…。奥菜恵さん子役時代から美しい奥菜さんですが、現在はバツ2。2004年にIT系社長の藤田晋さんと誰もがうらやむセレブ婚。しかし一年半という短さで終わりを迎えました。そして2009年に一般男性と結婚し2児に恵まれましたが2015年に離婚。現在は2016年再々婚した9歳年下の俳優木村了さんと、インスタなどからラブラブな様子がうかがえます。20代でいきなり2児の父となった木村了さん、その決断力が男らしい。高畑淳子さん演技派女優の高畑淳子さんもバツ2。1978年、高畑さんが24歳のときに劇団の男性と結婚しましたが一年半で離婚。そして1985年に一般男性と授かり婚をして翌年に長女、1993年に高畑裕太さんを出産しましたが後に離婚しています。しかし実は二度目の夫と離婚が成立する前に、高畑さんと俳優の大谷亮介さんは事実婚状態にあったとか。シングルマザーとして2人の子どもを育ててきた高畑さん、2度の離婚や事実婚、息子の事件など・・・情熱溢れる演技は波瀾万丈な人生が糧になっているのかもしれません。遠野なぎこさん濃いキャラクターが印象的な遠野なぎこさんは、二度離婚をしています。そしてそのどちらもスピード離婚。一度目の結婚は72日で離婚、二度目の結婚は55日で離婚というからびっくり。遠野さんは幼いころ母親から虐待を受けていたと告白しています。離婚の原因は「自分の自尊心の低さ」と語っていますが、彼女の生い立ちなども関係あるのではといわれています。葉月里緒奈さん元祖恋多き女性といわれた葉月里緒奈さんも、二度の離婚を経験されています。一度目は1998年にホノルル在住のすし職人と結婚しますが、「男としての向上心のなさが嫌」と、わずか二カ月で離婚。2004年には不動産会社の男性と再婚し長女を出産しました。しかしこちらも2015年に離婚。離婚後は激やせで心配されていましたが、2018年に年上一般人男性と再々婚。一人娘は元夫と一緒に暮らしているようです。葉月さんがかつて真田広之さんと不倫した際「相手に奥さんがいても平気です」とコメントしていましたが、現在は結婚されて落ち着かれたようですね。南果歩さん女優の南果歩さんはバツ2で、どちらのお相手も有名人。1995年に作家の辻仁成さんと結婚し長男をもうけましたが、2000年に離婚。2005年には渡辺謙さんと結婚し、俳優同士のカップルと話題になりましたが2018年に再び離婚。離婚前には渡辺謙さんの女性関係が週刊誌に掲載されたので、不倫が離婚の原因ではとささやかれています。2016年には果歩さんの乳がんを共に乗り越えたのに、あっけなく終わりを迎えましたね。バツ2以上の男性アーティストバツ2以上の男性アーティストはこちら。アーティストは自由奔放という勝手なイメージがありますが、異性関係はどうなのでしょうか。坂本龍一さん坂本さんは学生時代に結婚し、一児をもうけましたが離婚。後にご本人が「ものすごくもめて、離婚まで7年くらいかかった」とコメントしています。そして1982年アーティストの矢野顕子さんと再婚。入籍前から事実婚状態で、1980年には現在アーティストとして活躍されている坂本美雨さんが誕生。しかし2006年、結婚24年目にして離婚しています。こちらも協議離婚が成立するまで5年ほどかかったといわれています。お互いを尊重している夫婦のイメージがあったので、離婚にびっくりした人も多かったのではないでしょうか。玉置浩二さん唯一無二のボーカリスト玉置浩二さんはバツ3。恋多き男性の印象があります。最初は1983年に一般人女性と結婚し、86年に離婚。そして91年には女優の薬師丸ひろ子さんと結婚。会見では彼女のことを「ぴーちゃん」と呼んでいることでも話題になりました。しかし長くは続かず98年に終止符。その翌年にはキーボード奏者の安藤さと子さんと再々婚するも、07年にまたもや離婚。そして2010年にタレントの青田典子さんと再々々婚。当初は長続きしないと言われることもあった結婚でしたが、現在もお幸せそうです。また玉置さんは2009年に女優の石原真理子さんとの婚姻届けを提出するも、石原さんが前夫と離婚できておらず、婚姻届けが受理されなかったという逸話もあります。これが受理されていたら×4だったかも?小室哲哉さん数多くのヒット曲を生みだした小室哲哉さんはバツ3。一度目は1988年にアイドルの大谷香奈子さんと結婚するも、4年後に離婚。その後華原朋美さんとの交際を経て、DOSのAsamiさんと授かり婚をし、女児をもうけます。しかし10カ月でスピード離婚。慰謝料は7億円とも報道されていました。そして2002年にはglobeのボーカルKEIKOさんと再々婚。KEIKOさんがくも膜下出血で倒れたときは献身的に支えていたようですが、小室さんの不倫騒動などもあり2021年離婚が成立しています。離婚時小室さんは「KEIKOさんの音楽活動に協力は惜しまない」とコメントしていますが、globeの再結成を見られる日がくるのでしょうか。郷ひろみさん歌手の郷ひろみさんはバツ2。初婚のお相手は女優の二谷友里恵さん。1987年に結婚し大々的に行われた披露宴のテレビ中継はなんと視聴率47%!郷さんは友里恵さんのために「REE」という曲を出して話題になりましたね。二児をもうけましたが、98年に離婚しています。二度目は日系アメリカ人の方と99年に出会ってすぐのスピード婚。しかし長くは続かず2005年に離婚。現在は2012年に26歳年下の女性と再々婚し、郷さんが58歳のときに双子が誕生しています。森進一さん森進一さんといえば女優の大原麗子さん、歌手の森昌子さんと結婚されていたことで有名。しかし結局どちらとも離婚し森さんはバツ2に。大原さんとの結婚生活は4年、森昌子さんとは19年続きました。森昌子さんとの間には人気バンドONE OK ROCKのボーカリストTAKAさんなど、3児が誕生しています。森さんの誕生日にはTAKAさんがお祝いするなど、離婚後も良好な親子関係が続いているようです。吉田拓郎さん吉田拓郎さんの現在の奥さんは女優の森下愛子さん。1986年に結婚してからおしどり夫婦といわれていますね。しかしそれより以前に、吉田さんは二度の離婚を経験されています。一度目の結婚相手は元歌手の女性。このとき長女が誕生するも後に離婚。そして1977年には当時21歳だった女優の浅田美代子さんと再婚しています。しかし7年で結婚生活もピリオド。どちらも吉田さんの不倫が原因だったといわれています。吉田さんは2003年に肺がんを患ってからさまざまな体調不良に悩まされたようですが、森下さんが献身的に支えていたようですね。松崎しげるさん「愛のメモリー」のヒットで知られる松崎しげるさんもバツ2。一度目はモデルの女性と結婚しましたが離婚。そして1981年にまだ十代だったモデルの蓬田美奈子さんと再婚。しかし10年後に離婚しています。そんな二人の元妻は松崎さんと離婚後、一人目はスーパーモデルになり、二人目はB’zの稲葉さんと再婚されています。松崎さんとの結婚を経験すると、運気が上昇するのでしょうか。ちなみに松崎さんご本人は1997年にスタイリストの女性と再々婚し、3児に恵まれています。バツ2以上の女性アーティスト女性アーティストでバツ2以上の方をご紹介します。どの方も多くの人が口ずさめるヒット曲がありますね。浜崎あゆみさん2019年の年末に極秘出産して世間を驚かせた浜崎さんですが、二度の国際結婚&離婚をしています。一人目はデザイナーのアメリカ人男性と結婚するも1年ほどで離婚。婚姻届けはアメリカで提出したようですが、日本では受理されず戸籍には婚姻歴がないようです。そして2人目はアメリカ人の医学生。こちらは2014年に入籍後約2年で離婚しています。極秘出産したお子さんの父親は発表されていませんが、浜崎さんは現在未婚の母として赤ちゃんを育てています。2021年3月現在、第2子を妊娠中。平成の歌姫も最近では私生活で話題が多いようです。宇多田ヒカルさん数多くのヒット曲を生みだした宇多田ヒカルさんも、二度の離婚歴があります。最初の結婚は2002年に映画監督の紀里谷和明さんと。宇多田さんこの時19歳!しかし2007年に離婚しています。その後2014年にイタリア人男性との結婚を発表。こちらも結婚生活は4年しか続きませんでしたが、男の子を一人出産しています。現在はロンドンに在住して子育てをしているようです。才能豊かな人なので、離婚、出産、子育て経験がこれからの音楽活動に活かされるはず。松田聖子さん恋多き女性という印象がある松田聖子さんは三度の結婚と二度の離婚をしています。一度目の結婚相手は俳優の神田正輝さん。1985年に結婚して、娘の神田沙也加さんが生まれています。しかし97年に離婚。翌年には歯科医師の男性とスピード婚。聖子さんが「ビビビときた」と語ったことから「ビビビ婚」という言葉がはやるも、2年半で離婚。そして2012年に一般男性と3度目の結婚を果たします。現在も結婚生活は続いているようですね。再婚のたびに新しいパパができた沙也加さんはどんなお気持ちだったのでしょうか。hitomiさん歌手やモデルで活躍しているhitomiさんもバツ2。一人目の夫はヒップホップグループの男性でした。2002年に結婚されて5年後には離婚しています。離婚の翌年には俳優の羽田昌義さんとできちゃった再婚。女児を出産しますが、2011年に離婚。そして2014年に一般男性と再々婚をはたし、2人の男児を出産。2020年7月には三男が誕生。家族でバラエティーに出演しているので、夫婦仲はうまくいっているようです。吉村由美さんPuffyの吉村由美さんはTMレボリューションの西川貴教さんと結婚していたことで有名。三年間続いた西川さんとの結婚生活の後、2009年に一般男性と再婚し男の子を出産。しかしこちらも約4年でピリオド。現在はシングルマザーとして子育てをしながらも、精力的にアーティスト活動を行っているカッコいいママですね。矢野顕子さんアーティストの矢野顕子さんもバツ2。矢野さんは19歳という若さで、デビュー曲のプロデューサーだった矢野誠さんと結婚し男児を出産しています。矢野さんの本名は「鈴木顕子」ですが、離婚後も「矢野顕子」と名乗っているようですね。そしてアーティストの坂本龍一さんと子連れ再婚。24年間結婚生活がつづきましたが、離婚しています。バツ2以上のタレントバツ2以上のやお笑い芸人やタレントの方はこちら。木村祐一さん最近では「チコちゃん」としても注目されている木村さんはバツ3。一度目、二度目のお相手は一般人で、お子さんも生まれていますが離婚。三人目の奥さんは女優の辺見えみりさん。しかし結婚生活はわずか2年しか続きませんでした。現在は17歳下の女優西方凌さんと結婚されて、娘さんが一人誕生。木村さんはなんと53歳でパパに。2014年にはお孫さんが生まれているので、孫よりも年下のわが子になりますね。YOUさんいつまでも変わらぬ可愛さで女性からの人気も高いYOUさんはバツ2。1991年にギタリストの手塚実さんと結婚しますが、97年に離婚。そして離婚からわずか半年後、俳優の松岡俊介さんと授かり再婚し息子を出産するも2005年に離婚。そこから女手一つで息子さんを育てています。その後も恋人の噂がささやかれていますが、現在は独身です。辺見えみりさん新婚時代は旦那さんとラブラブな様子をテレビで披露していた辺見さんもバツ2。2006年にお笑いタレントの木村祐一さんと結婚しましたが、わずか二年で離婚。2011年には辺見さんのファンだったという俳優の松田賢二さんと結婚しますが、2018年に離婚しています。松田さんとの間に娘さんも誕生していますが、現在二人で協力して育てているようです。上原さくらさんドラマやバラエティーでも活躍する上原さくらさんもバツ2。一度目は2003年アパレルメーカー社長と結婚するも、2009年に離婚。そして2011年には年商150億ともいわれる会社社長の青山光司さんと再婚。セレブ婚と話題になりましたがわずか1年で別居、2013年には協議離婚しています。その後2019年に一般男性と再々婚し、翌年長女を出産。ちなみに元夫の青山光司さんは女優の観月ありささんと2015年に再婚しています。堀ちえみさん7人のお子さんを持つ堀ちえみさんは、二度の離婚と三度の結婚をしています。一度目は掘さんが22歳のとき外科医の男性と結婚し、3児をもうけます。その後離婚し、2005年に一般男性と再婚、2児をもうけるも2010年に二度目の離婚。そして離婚後すぐの2011年に、連れ子が2人いる男性と再々婚し7人の子の親になりました。がんを乗り越えた堀ちえみさん、大家族のサポートは大きな支えになったはずです。その他バツ2以上の有名人最後にバツ2以上の著名人やモデルの方をご紹介します。蜷川実花さん写真家の蜷川実花さんは、なんと三度の離婚を経験し、現在は4人目の旦那さんと結婚生活を送っています。一度目、二度目と一般人男性と結婚しますが離婚。二人目の夫との離婚後妊娠が発覚するも、すでに別の男性と交際し、出産前には再々婚したというから驚きですね。その男性とも結局は離婚し、4人目の夫と再々々婚後は次男を出産し幸せそうです。意外に恋多き女性のようですね。マリア(モデル)さんモデルのMALIA.(マリア)さんはなんとバツ4!しかも四度の離婚を経験しているのにまだ30代という若さ。1人目の夫はサッカー選手の田中隼磨さん。お互い十代での授かり婚でしたが離婚。2人目の夫は格闘家山本KID徳郁さん。男の子と女の子を出産しています。3人目の夫はまたサッカー選手の佐藤優平さん。しかし二年で離婚。4人目の夫は元Jリーガーの三渡洲舞人さん。第4子を出産しましたが2年で離婚。そしてマリアさんは現在4人の子を持つシングルマザーです。4人中、サッカー選手が3人も!5人目の旦那さんもサッカー選手でしょうか、期待したいと思います。東村アキコさん「東京タラレバ娘」や「偽装不倫」などの作者で有名な漫画家の東村アキコさんはバツ2です。一度目は演出家の男性と結婚し、2005年男児を出産。「ママはテンパリスト」では作中で子育の様子を描いています。しかしその後すれ違い生活が続き4年で離婚。5年後にはデザイナーの男性と再婚をはたしますが、こちらも4年で協議離婚。漫画家という忙しい職業が離婚と関係しているのかもしれませんね。佐野アナウンサーさんフジテレビアナウンサーの佐野瑞樹さんも、意外や意外バツ2です。2000年にアナウンサー同士で結婚しましたが、四年で離婚。2011年には11歳下の一般女性と再婚し、ニューヨーク支局へ転勤。仕事も夫婦関係も順調そうに見えましたが、わずか3年で離婚したようです。フジテレビ社員ということで、あまり報道はされていませんね。佐野さんはとても優しそうな印象なので、離婚理由が気になるところ。川越シェフ一流シェフとして有名な川越達也さんは二度の離婚と三度の結婚の経験者。川越さんが20代・30代のときにそれぞれ結婚、離婚しています。芸能人ではないのであまり詳しく発表していないようですね。そして2016年に再々婚をしたと事務所が公表。現在は二人の娘に恵まれ、長野県で子育てしていると話しています。都内にあった川越さんの行列ができるレストランはひっそりと閉店していたようですね。辻仁成さん作家辻仁成さんの奥様は一般人女性、女優の南果歩さん、元アイドルの中山美穂さんとさまざま。しかしすべてのお相手と離婚して、現在辻さんはバツ3。中山さんとの間に生まれた息子は辻さんが引き取り、シングルファザーとしてパリで子育てしています。辻さんのインスタにはおいしそうな手料理の写真が満載。時々息子さんの話も登場します。おわりにたくさんの芸能人、有名人の方の「バツ2以上の離婚歴」をみてきました。中には「え、この人が!」と意外な方もいたのではないでしょうか。芸能界は魅力ある方が多いですから、何度も結婚できるのかもしれませんね。
2021.04.08 10:00
たまGoo!
過去には教科書掲載後に不倫騒動が発覚した場合はどんな対応がされた?(時事通信フォト)
福原愛の教科書問題 渡辺謙とファンキー加藤の不倫の先人はどう?
 不倫騒動で渦中の人となった卓球女子元日本代表の福原愛(32)。その余波は“教科書問題”にまで発展している。 福原は小学生2年生の道徳の教科書『小学生のどうとく2』(廣済堂あかつき刊)の中で取りあげられているのだ。特集ページのタイトルは「自分で きめた ことだから」。 幼い頃、卓球の練習を投げ出して母から怒られた福原が「自分からやりたい」と言い出したことを思い出し、再び努力を続け、五輪でメダルを獲得──といった内容だ。 この教科書は11都府県、300校以上で使用されているが、版元の廣済堂あかつきは「不倫については想定しておりませんでした。検定済教科書の訂正は文科省に申請し、承認される必要があります。現時点で訂正の申請を行なうかは決まっていませんが、多方面から検討している」と回答した。 実はこの“検討材料”になりそうな先例がある。福原同様、教科書掲載後に不倫騒動を起こした俳優・渡辺謙(61)と歌手のファンキー加藤(42)だ。 渡辺は2017年に大学生用の英語の教科書『JAPAN INNOVATION』(南雲堂刊)に「世界で最も知られている日本人俳優」として紹介された。加藤は2016年、自身の曲で東北楽天・田中将大の入場曲としても有名な『あとひとつ』が中学2年生用の「国語」の教科書(三省堂刊)に掲載されている。両者とも実績は申し分ないが、不倫が報じられた後は“消されて”しまったのだろうか。 南雲堂は「大学の教科書は検定教科書ではなくクレームもなかったので何も行ないませんでした」、三省堂は「現在も掲載しています。作品と個人は切り離すという判断で不倫発覚後もとりわけ対応しませんでした。今年4月の全面改訂では掲載されません」と回答。 教科書はしばらく使われそうだが、授業では福原のページは“サー”っと流されちゃうかも?※週刊ポスト2021年4月2日号
2021.03.19 07:00
週刊ポスト
渡辺謙が自身の出世作を振り返る(写真/共同通信社)
渡辺謙が語る『独眼竜政宗』 命懸けだった勝新太郎との緊迫シーン
 NHK大河ドラマ60作目となる『青天を衝け』が、2月14日にスタートした。同作は「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一を吉沢亮が演じる。歴史を振り返ると、数多くの名優が大河を舞台に輝いてきた。そこで『週刊ポスト』は、読者1000人に「史上最高の大河ドラマ俳優は誰か?」という調査を実施した。 読者投票で1位となったのは、『独眼竜政宗』(1987年)で主役を演じた渡辺謙だ。同作は39.7%の歴代最高平均視聴率を記録し、幼い梵天丸(政宗の幼名)が不動明王像を前にして言う「梵天丸もかくありたい」という言葉が流行語になったほど。渡辺謙は当時28歳だった。自身の出世作をこう振り返る。「子役たちの人気がすごく高かったので、かなりプレッシャーがありました。政宗の若い頃を演じる時は、芝居のスピードを相当上げて、年齢を重ねていくことを意識しました」 大河ファンのタレント・松村邦洋は同作についてこう話す。「『独眼竜政宗』の前は『山河燃ゆ』『春の波濤』『いのち』と現代劇が3作続き、視聴者が“戦が見たい”と歴史モノを望んでいました。その中で、新進気鋭の若手俳優だった渡辺謙さんを起用し、ドラマが勢いに乗った。 そもそも戦国武将を野球選手に譬えると、織田信長が長嶋茂雄、豊臣秀吉が王貞治、伊達政宗は清原和博というくらい年齢が離れています。三英傑から見ると“新人類”同然の政宗を、若さあふれる謙さんが演じる姿は本当にカッコよかった」 北大路欣也、原田芳雄、津川雅彦、岩下志麻など、重厚な役者が顔を揃えた同作では、勝新太郎演じる豊臣秀吉と若き日の政宗が初めて顔を合わせるシーンが語り草になっている。 緊張感を高めるため、この場面の収録まで勝は渡辺と一切顔を合わせなかった。迎えた撮影時、ヒリヒリと緊迫した雰囲気の中で、勝は「この若造が」とばかりに、手にした采配を渡辺の首元に突きつける。完全な勝のアドリブだった。当時の現場を渡辺が懐かしそうに振り返る。「とにかく何が起こるかわからない。全身にアンテナを張り巡らして、命懸けでした。それが政宗の心境とシンクロしたのでしょう。勝さんとのシーンはすべて何が起こるかわからない雰囲気でした」 この緊張感が空前の大ヒットを生んだのだ。※週刊ポスト2021年2月26日・3月5日号
2021.02.19 11:00
週刊ポスト
渡部建の不倫謝罪会見はネットでも大きな話題に(時事通信フォト)
令和の「江戸時代化」ネット普及により陰湿な監視体制が完成
 インターネットは自由な空間……だったはず。しかし、ネットの普及によって監視体制ができあがり、不自由になったのではないか。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、ネットによってつくられる「空気」の窮屈さについて論じる。 * * * ネット普及により日本のムラ社会化はますます進んだ。江戸時代の「村八分」や「五人組」のような陰湿な監視体制が完成し、「空気に支配される社会」の成熟度合いが増していったのである。 一つは不倫だ。なぜ渡辺謙の不倫はそこまで叩かれず、それ以上に矢口真里→東出昌大→ベッキー→渡部建という順番で苛烈に叩かれたのか。ベッキーと東出の順番に異論はあるかもしれないが、ベッキーの場合は「文春砲」の初期だったことと意外過ぎたということもあり、私の観測ではこの順番である。 ネットニュースでは「東出と渡部はどちらがゲスか」といった記事が登場し、これに対しコメント欄で一方向の論調となっていく。このケースでは渡部である。SNSでは、フォローしている人による似たような意見を見るため、自分の感覚が正しい、という確信を得て自らも「渡部のほうがゲス」という発言をするようになり、「空気」が作られていく。 その空気を事務所が読むことにより、活動再開までの期間が変わっていく。ベッキーと矢口真里はネット番組やラジオでの復活はあったものの「ナショナルクライアント」と呼ばれる大企業のCMへの本格出演には至っていない。矢口は約3年の時を経て日清食品のCMに登場したが、世論の反発を受けてお蔵入りに。 渡辺謙は決定的な活動自粛はなく、不倫芸能人には御法度のCM出演も「ハズキルーペ」で獲得。これは同社の松村謙三会長が広告業界と世間の空気を読まなかったからこそ達成できたことだろう。 星野源の『うちで踊ろう』に乗っかって貴族のようにくつろぐ時間の動画を公開した安倍晋三前首相、「ガースーです」の挨拶で滑った菅義偉首相──いずれも「ネットでコレが人気です!」と判断した結果である。 ネットがない頃は石油ショック時のトイレットペーパー買い占め騒動や、健康番組で「やせる」と紹介された食材(納豆、ココア、寒天ほか)がスーパーの棚から消えるといったことはあったものの、思想・主張にまではあまり踏み込まれなかったのでは。 もちろん、旧社会党が躍進した「マドンナ旋風」のようにテレビ・新聞も大局を盛り上げた結果、政治に影響を与えたものはあるが、細かな「空気」をいちいち確認することはできなかった。 ヤフーは12月8日から31日まで「あなたは医療体制のひっ迫を実感していますか?」の投票を実施。12月21日時点の暫定結果(13万3769人が投票)を見ると「実感している」が77.1%で、「実感していない」が16%、「わからない/どちらとも言えない」が6.9%となっている。 実感している人が圧倒的だが、皆さんそんなに病院へ行っているのだろううか? コロナに対峙する医療関係者とその家族ばかりが投票するのであれば、この結果も理解できるが、結局「テレビで見た」ことから「実感している」となり、その集合体として77.1%という数字が出て「空気」が作られるのではないか。そして、異論は非難される。江戸時代か!【プロフィール】中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。近刊に『恥ずかしい人たち』(新潮新書)※週刊ポスト2021年1月15・22日号
2021.01.04 19:00
週刊ポスト
【動画】渡辺謙、21歳年下恋人との初2ショット 散歩デートシーン
【動画】渡辺謙、21歳年下恋人との初2ショット 散歩デートシーン
 渡辺謙さんと、交際中の女性との初のツーショット姿をキャッチしました。 12月の中旬、東京の都心にある公園で愛犬・ダンとフリスビーをして遊んでいた渡辺さん。すぐそばでその姿を見つめていたのは2017年に『週刊文春』で不倫相手と報じられた21歳年下の女性でした。 渡辺さんの知人によると「今は映画撮影中なので、軽井沢ではなく東京を拠点にしている」とのこと。3年経っても交際は順調のようです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2020.12.19 16:00
NEWSポストセブン
初ツーショットが明らかになった
渡辺謙、21才年下恋人と初2ショット 再婚は東出騒動で延期か
 渡辺謙(61才)と交際中の21才年下女性との初ツーショット姿をキャッチした──。 一段と冷え込んだ12月中旬の早朝。オレンジ色の朝焼けが広がる空の下、鮮やかな緑色のネックウオーマーで顔を覆った男性が、芝生の上で愛犬とフリスビーで遊んでいる。傍らにはひとりの女性。フリスビーをくわえた犬は、大きくしっぽを振ってふたりの間を行ったり来たり。一方で知らない通行人に向かっては、ほえる一幕も。そんな様子を見ていると、ふたりにはよく懐いていることがすぐにわかる。 この男性は、12月3日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)で、2020年4月の軽井沢移住を明かした渡辺謙。愛犬はその頃に飼い始めたというボーダーコリーで、名前はダン。緑豊かな軽井沢で、ダンに癒されながらの生活……とはテレビの話。冒頭、渡辺がダンと戯れていたのは、東京の都心にある公園だ。渡辺は現在、女性と都内の高級マンションでともに生活している。 この女性は2017年に『週刊文春』で不倫相手と報じられた、21才年下のA子さん。上の写真は3年経ったいまでも順調な交際を続けていることがわかる、渡辺の離婚後“初ツーショット”だ。そればかりか大きな決断も下そうとしていた。「2019年の夏、A子さんとの再婚を決意したと聞きました。当時は軽井沢の別荘で暮らしていたので、9月頃にA子さんを軽井沢に呼び寄せて本格的に同棲を開始したそうです。’20年にも入籍する予定だったようですが、年明け早々に発覚した杏さんの元夫・東出さんの不倫スキャンダルで延期したそうです」(渡辺の知人) 渡辺はA子さんとの不倫以前にも、2001年に女性問題が明るみに出ている。当時高校生だった杏(34才)はショックを受け、以降、父娘は良好とはいえない関係を続けていた。「謙さんは女性問題で杏さんとの関係が悪化したことで、A子さんとの交際もよくは思われていないと感じていたようです。再婚は杏さんが認めてくれたら、そんな思いが謙さんのなかにあったのでしょう。一方の杏さんは、年を重ねるごとに謙さんの今後を心配するようになっていました。A子さんとともに生活する父の様子を見聞きするなかで、A子さんに対して“父の傍にいてくれてありがとう”と思うようになったようです」(前出・渡辺の知人) 杏からA子さんとの関係が認められたことも、軽井沢から拠点を移した理由の1つかもしれない。「いまは映画撮影中のため都心で暮らしていますが、あくまで拠点は軽井沢ですよ。でも、これまでは仕事で上京しても、ワンルームのマンスリーマンションでした。ファミリータイプに変えたのは、A子さんとダンを連れて来たから。『徹子の部屋』では言えませんでしたが、もうコソコソする必要はないということでしょう」(前出・渡辺の知人) この日も、ふたりはダンを挟み仲よく歩いて帰宅した。3度目の結婚は近そうだ。※女性セブン2021年1月7・14日号
2020.12.16 15:55
女性セブン
杏vs実母の12億円裁判、決裂から急転和解 両者は絶縁状態
杏vs実母の12億円裁判、決裂から急転和解 両者は絶縁状態
“家族間トラブル”にとらわれ続けた人生だった。幼少期は両親の離婚裁判に巻き込まれた。自らの結婚は、夫の不倫トラブルに巻き込まれ、離婚する事態に。そしてその裏では、実母に訴えられ──だが、杏(34才)の新しい人生の一歩がいま始まる。「最近の杏さんは憑き物が取れたようにすっきりしています。今年1月の東出昌大さん(32才)の不倫報道後から離婚まで長い時間をかけて、子供の将来を最優先にした新しい生活の形を考えてきた。だからいまの選択に悔いはなく、離婚発表後は父・渡辺謙さん(60才)の別荘で知人男性らとリフレッシュ。東京に戻ってからも別の知人たちが自宅に頻繁に出入りし、杏さんの近くには常に誰かがいる日々です」(杏の知人) 離婚公表から1か月。杏の中ではすでに客観的に振り返ることのできる過去になっているようだ。『婦人公論』(9月8日号)では、作家の浅田次郎氏と対談し、子供たちの成長についてこんなふうに語っている。《ジイジ(渡辺謙さん)のこともわかっているし(笑)。前にNHKのスタジオパークに行ったときに、ポスターを見て「これジイジだよ、お父さん(東出昌大さん)だよ、おじさん(渡辺大さん)だよ」って》 父や兄だけでなく、実に自然に元夫の東出の存在にも触れていたのだ。これ以外にも、映像化された浅田氏の作品に「父と兄が出ている」と、周囲が気を使うのを避けるかのように、自ら積極的に家族について語る杏。しかし、ひとりの人物には決して触れようとしない。杏を産んだ実の母・A子さんについては、頑なに口をつぐむのだ。「最近、杏さんが前向きな理由は、離婚成立だけではありません。杏さんの個人事務所の社長を務めているA子さんとの骨肉裁判に、ようやく終止符が打たれたからでもあるんです」(芸能関係者) 3年間続いたその争いは、まさかの和解という形で終結を迎えたのだ。和解は、東出との離婚とほぼ同時期に成立している。和解調書などは開示されていないが、長く続いた家族の不幸は、杏がいくつもの関係を手放したことで、ようやく終着点を見たのだ。 骨肉裁判の内容に触れるには、まず複雑怪奇な家族模様を振り返る必要がある。杏は1986年に渡辺とA子さんの間に生まれた。兄弟は、2つ年上の俳優・大(36才)。杏が誕生した翌年、渡辺は、NHKの大河ドラマ史上最高の視聴率をたたき出した『独眼竜政宗』の主役を演じきり、一気に人気俳優の仲間入りを果たす。 ところが、杏が3才のとき、渡辺は急性骨髄性白血病を発症。主演するはずの映画を降板し、闘病生活に入るが、1993年に再び大河ドラマで主演し、完全復活。ところが翌年に再発し、1995年に2度目の復活を果たす。この頃のことは、すでに小学生になっていた杏もしっかりと覚えているだろう。その後数年は、杏は渡辺の娘として、可能性に満ちた未来に向けて歩んでいた。突如、関係に亀裂が しかし2002年に家族の瓦解が始まる。両親が別居し、7月には、渡辺が「離婚成立」と「子供の親権」を求めて、A子さんを提訴したのだ。高校生となった杏は、父親が母親を訴えるという、信じがたい事態を目の当たりにすることになる。さらに、裁判が進むにつれ、知りたくもなかった両親の姿に向き合うしかなくなっていくのだった。「裁判の過程で、A子さんが、杏さんの同級生の保護者を含む知人50人から、約2億円もの借金をしていたこと、同時期に、心酔していた宗教団体に、約2億5000万円の大金を振り込んでいたことがわかったのです。渡辺さんが離婚を求めた理由は、この借金でした」(前出・芸能関係者) 母親が、自分の友達の親から金を借りていた──これだけでも思春期の子供の心は揺れ動く。だが、A子さんも黙ってはいなかった。その反撃は、杏の心をないがしろにするものだった。「A子さん側の代理人弁護士は、渡辺さんの不倫疑惑を問いただしたのです。そのときには、9人の女優の実名も挙げられました」(前出・芸能関係者) 不倫をする父、借金をする母。外からは理想的な家庭に見えていた渡辺家は瞬く間に崩壊していった。「別居時、杏さんは父側に、兄は母側についていましたが、父親の裏切りを知った杏さんは、自らの意思でA子さんの元へと戻っていきました」(前出・芸能関係者) 裁判は、渡辺の勝訴で決着したが、杏の親権はA子さんが持つことになった。離婚後、A子さんの元に残ったのは2人の子供と、多額の借金。そこで、一念発起したのは、A子さんではなく、杏だった。それまでも行っていたモデルとしての活動に専念するために、高校を中退したのだ。このとき、杏は芸名から渡辺姓を外している。親の七光りと言われることを避けるためだったのだろう。 身長174cmのすらりとした長身に、長い手足。恵まれた体形を携え、トップブランドのコレクションにも出演するなどキャリアを重ねた。この頃、A子さんと杏の関係は、“一卵性母娘”と周囲から言われるほど密な関係だった。裁判でA子さんが杏に対し、《虚偽の事実を述べて、その場逃れのような生活を行うのではなく》 と、厳しい言葉をぶつける10年ほど前の話である。「実際に2人はよく似た容姿でね。印象的な杏さんの瞳なんかは完全に母親譲り。一緒に買い物に行ったり、家事を分担して生活したりと、離婚前よりも仲が深まったように見えましたね」(杏とA子さんの共通の知人) この時期には、女優業もスタート。話題のドラマや映画に次々と出演。2008年には芸能事務所「トップコート」に所属し、2009年には個人事務所を設立した。その個人事務所の社長には、苦労を共にしてきたA子さんが就任している。 世界を舞台にする父と袂を分かち、共に歩むことを選んだ母娘。しかし、その2人の間は、この個人事務所の存在をきっかけに少しずつ亀裂が生じ、気づけば修復が不可能な状態になっていた。2013年にNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』の主役を務めた杏は、翌2014年、個人事務所を退社し、トップコートとの直接契約に戻すことをA子さんに通達した。「杏さんの個人事務所は、2013年には1億8000万円近く売り上げるほどに成長していましたが、杏さんに支払われる給与が売り上げに対して、あまりにも少ないことを杏さんが疑問視していたのです。 しかもこの頃、杏さんはA子さんの振る舞いに頭を悩ませていました。A子さんは女性霊能者に傾倒し、個人事務所のコンサルタントとして、多額のコンサルティング料を支払っていたのです。このことに気づいたとき、杏さんは愕然としたそうです。ただ、母親の借金を返すまではと思い直し、それがようやく実現したタイミングで、独立を画策したのです」(前出・芸能関係者) A子さんにとって、愛娘の“独立”は寝耳に水だった。杏が個人事務所から退社するのは“無効”だと主張し、2015年には調停を申し立てるに至ったのだ。しかし話はまとまらず、2017年末についに訴訟に発展した。普通に進めば杏が勝訴 A子さんが求めていたのは、杏が個人事務所の従業員であることの確認と、4000万円の支払いだ。支払いの内訳は、調停の席で名誉を毀損したとして慰謝料1000万円。さらに、杏がその後も20年間、個人事務所に在籍を続けた場合の利益を約12億円と算出し、ひとまずはそのうちの3000万円を補填するように求めていた。杏にとっては寝耳に水の“12億円裁判”の始まりだった。 それだけではない。A子さんは、自らの主張の正しさを裏付けようとしたのか、コンサルタントに頼っていたのは杏の方であるとか、東出と杏がデートをする際にホテルの部屋を予約し、チェックインやチェックアウトを代行したのは自分だとかといった、さまざまなことを“暴露”していったのだ。父と母が法廷を舞台に“暴露”し合った当時の悪夢がよみがえる裁判だっただろう。 なお、A子さんは過去に、これとは別の訴訟も起こしている。相手はトップコートだ。理由は杏のギャラが個人事務所に充分に支払われなかったというものだが、一審二審ともに敗訴が確定している。 先にも述べたが、2人の間には確かな絆で結ばれていた時期もあった。「争いの舞台となっている個人事務所設立時のことです。社名を決めるにあたって、2人は、かつて港区内にあったカフェで長時間話し込んだようでね。杏さんが提案した社名にA子さんがやんわりと反対し、杏さんが大好きな“ねぎとろ”をもじった社名を提案したんです、大好きなねぎとろをたくさん食べられるよう、願いを込めてユニークな社名をつけました」(前出・共通の知人) ほっこりするエピソードも、今は昔。杏はその個人事務所について、裁判で、「被告(杏)の努力によって得られた経済的な利益を原告(A子さん)が収奪するという機能を果たしてきた」と主張するほどに、2人はすれ違った。 母娘の争いには、裁判所から和解が提案されてきたが実らず、和解交渉は2019年3月に一度、打ち切られていた。今年3月にはA子さんの尋問が予定されていたが、体調不良を理由に日程は再調整されることに。コロナ禍も相まって尋問の日取りが決まらずにいる中、急転直下で和解が決まった。その背景を民事訴訟に詳しい弁護士が解説する。「杏さんが個人事務所を退職してトップコートと契約することに問題はないはずですから、普通に進めれば、杏さん側が勝訴した事案だと思われます。それなのに和解したのは、その条件に今後の口止めも含まれているからだと予想します」 実際に、有名人が和解を選択する場合は、和解条項に口外禁止条項を入れるなど、たとえ勝訴しても得られない条件を織り込むことが多い。杏は、“和解という勝利”を勝ち取ったのだ。それは同時に母との“絶縁”も意味するのだろう。 8月下旬、確かに切れ長の瞳が杏そっくりなA子さんを直撃した。和解について尋ねたが、口を開かないまま立ち去った。その後、A子さんは弁護士を通して、「目的は、金銭ではなく、杏側の謝罪でしたので、一円も受け取ることなく、円満に和解が成立致しました。杏の健康とさらなる活躍、及び孫たちの健やかな成長を心から願っております」 と、回答があった。4000万円の支払いを求めていた事実を差し引いても、娘の活躍を願うなら、芸能界で生きる娘の私生活を“暴露”する必要はなく、謝罪を求めるだけであれば、訴訟の道を選ばなくてもよかったのではなかろうか。 杏はもう1つ、自らの家族にまつわる懸念事項を8月中に片づけていた。「東出さんとの離婚での財産分与も8月中旬に決着させたようです。共同名義で購入していた自宅は、正式に杏さん1人の所有物になりました。この家は、杏さんの強いこだわりがあちこちに反映された自宅で、ここの権利は強く主張していました。すべての清算を8月中に終えようと頑張ってきたのでしょう」(杏の知人) カレンダーはもう9月。杏と3人の子供にとって、新しい人生の季節が始まっている。※女性セブン2020年9月17日号
2020.09.03 07:00
女性セブン
友人も別荘に連れて行ったというが
東出昌大と離婚の杏、渡辺謙の別荘に滞在し友人夫婦と笑い声
 青々とした木々、澄んだ空気、見上げれば、昼には真っ青の空が、夜には満点の星空が迎えてくれる――。世間のざわめきから一転、離婚直後の杏(34才)が身を寄せていたのは、静寂に包まれた日本有数の別荘地だった。 家の周りでは子供たちが駆け回り、エプロン姿の杏が声をかけると、子供たちは声のする方へ走っていった。 ほどなくして、その家のドアをノックしたのは、長身で若い外国人風のイケメン男性。両手に抱える膨らんだビニール袋の中に入っているのは、夕飯の材料だろうか。彼が家の中に入ると、一段と大きな笑い声が聞こえてきた。 杏はいま、この別荘地で新しい生活を歩み始めていた。心の底から信頼できる“交友関係”と共に――。 8月1日、杏と東出昌大(32才)は連名で離婚を正式発表。世間を騒がせた東出の不倫発覚から半年以上を経て、ついに結末を迎えた。 離婚まで期間が空いたため、一時は復縁の可能性も報じられていた。「両親の離婚を経験している杏さんが、子供にも“同じ経験をさせるのはどうか”と思い悩んでいたためともいわれています。さらに杏さんは東出さんの金銭面も心配していました。CM降板に伴う2億円ともいわれる違約金は彼の所属事務所が肩代わりしています。東出さんは、その一部の返済と養育費の支払いで手一杯で、慰謝料を払う余裕はない。この離婚で杏さんは慰謝料を求めないとみられていますが、そんな東出さんと事務所のことを考えてのことだそうです。ただ、共同名義で買った自宅はすべて杏さんのものになるはずですが」(テレビ局関係者) 離婚発表後、杏と子供たちの姿は自然豊かな別荘地にあった。父・渡辺謙(60才)が持つ別荘の1つに、信頼できる相手と訪れていたのだ。「謙さんとパートナーの女性の姿はたまに見かけますが、数日前から杏さんたちが来ていました。一時的に杏さんたちに貸し出しているのだと思います。 若い外国人男性? たぶん杏さんの友人でしょう。奥さんと小さい子供と一緒に来ているかたです。この友人夫婦は杏さんが深く信頼している人なんでしょうね。数日間ずっと一緒のようです。夜には、彼らと食卓を囲んでいたのか、楽しそうな声も聞こえてきました。離婚が成立したことを祝うパーティーなのでしょう。先日お見かけしたときは、つきものが落ちたように満面の笑みを浮かべていらっしゃいましたよ。長くつらかった東出さんとの離婚問題が解決したことでスッキリしたのでしょう」(近隣住民) シングル・マザーとして生きていく――そう決めた杏は、ついに自由を手にしたのかもしれない。※女性セブン2020年8月20・27日号
2020.08.07 07:00
女性セブン
二世タレントの芸能界入り「パパ友会」が重要な役割果たす
二世タレントの芸能界入り「パパ友会」が重要な役割果たす
 芸能界では多くの「二世」たちが大活躍。最近では、あのサッカー界の超大物の長男も俳優デビューを果たした。そこで、放送作家の山田美保子さんが、昨今の「二世タレント」について分析する。 * * *「キング・カズ」こと三浦知良サン(53才)・三浦りさ子サン(52才)ご夫妻の長男、三浦りょう太(りょう=けもの偏に「寮」のうかんむりなし)クンが芸能事務所「トップコート」さんの所属になったと報じられましたね。 りょう太クン、15才でブラジルにサッカー留学した経験もあるのですが、サッカーではなく、俳優さんの道へ。田原俊彦サン(59才)をはじめ、芸能界にも幅広い人脈をもつ父上の影響でしょうか。昨年は、木村拓哉サン(47才)主演の『グランメゾン東京』(TBS系)に出演していらしたんですね。ごめんなさい、二世でいうと、佐藤浩市サン(59才)Jr.の寛一郎クン(23才)に気をとられ、りょう太クンのことはチェックしきれませんでした。 そうそう、三浦知良サンと木村拓哉サンの“ご縁”については、木村クン本人から聞かせていただいたことがあります。『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の第1シリーズの外ロケ中、停車中の車のパワーウィンドーがサーっと開いたので、木村クンは「マスコミか?」と一瞬、警戒したそうなのですが、顔を出したのがカズさんで、「『BG』を見ています」「面白いです」と言ってくださったのだとか。その翌年、『グランメゾン東京』にりょう太クンが出演することになったのは、まさにご縁ですね。 りょう太クンは“ワークショップオーディション”にて「トップコート」の渡辺万由美社長と知り合い、所属することになったと聞きました。「トップコート」さんといえば“カメレオン俳優”の筆頭、中村倫也サン(33才)や、「日本アカデミー賞」最優秀主演男優賞を受賞した松坂桃李サン(31才)、菅田将暉サン(27才)も所属していることで話題。私が推している杉野遥亮クン(24才)、さらには新田真剣佑クン(23才)ら若手の超人気者もいらっしゃいます。 万由美社長は昨年、『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)で、そのお仕事ぶりがクローズアップされ、所属俳優さんや女優さんをじっくり丁寧に育てていくことでも知られています。同事務所の公式YouTubeにて“お披露目”を行ったりょう太クン。強制終了させられたものの、尾崎豊さん(享年26)の歌マネで“ツカミはOK”。昨年、多くのコンテストで評価された「アタックZERO」のCMは、先輩の松坂サン、菅田クン、杉野クンも出演していることですし、“後輩役”として加わる可能性があるかも。 二世ということでいえば、渡辺謙サン(60才)の娘・杏サン(34才)や、水谷豊サン(67才)・伊藤蘭サン(65才)ご夫妻の娘・趣里チャン(29才)ら、大物二世の女優さんが所属している「トップコート」さんです。りょう太クン、本当に素晴らしい事務所に所属されましたよね。二世ブームに拍車をかけた「二世・三世会』 それにしても、ここ数年、二世タレントさんが次から次へとデビューされてますよね。まぁ、りょう太クンのようにご両親共に有名人だったり、そんな有名人のご子息が大勢通う私学に幼稚園や小学校から通っていれば、芸能界は決して「遠い世界」ではないハズです。 昔から「ステージママ」という言葉があるので、二世タレントさんの場合、お母様が子供さんのデビューに熱心かと思いきや、“山田調べ”では、男のコ、女のコに限らず、お父様のネットワークによって芸能界入りを果たす二世の方が多いようにお見受けします。 というのも、前述の“私学”には、パパたちが担任の先生を囲む「父の会」とか「パパ友会」というのがあって、先に子供さんをデビューさせている有名人パパに、ほかの有名人パパが質問を浴びせる…という話も聞いたことがあります。 それにしても、です。最近では、あまりにも二世タレントさんが多すぎて、「二世」であることは知っていても、親御さんが誰だったか、すぐに出てこないことがあります(苦笑)。 私が構成にかかわっている『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、ずいぶん前から「二世大会」がキラーコンテンツです。そもそも、明石家さんまサン(64才)・大竹しのぶサン(62才)“元”ご夫妻の長女・IMALUチャン(30才)がデビューしたことは、芸能界二世ブームの大きな“きっかけ”と言えます。 その後、「IMALUチャンの気持ちがいちばん理解できるのは私」と、大和田獏サン(69才)・岡江久美子さん(享年63)ご夫妻の娘さんの大和田美帆サン(36才)が食事会を開催。そこに関根麻里チャン(35才)、大沢あかねチャン(34才)らが加わって「二世・三世会」が発足したことが、さらにブームに拍車をかけました。“血縁”にこだわり、“家系図”に順番がある日本の場合、「お父さん(お母さん)にソックリ」とか、ご両親や祖父母、曽祖父母に至るまで有名人の二世、三世は、それだけで大きな注目を集めます。あ、賀来賢人サン(30才)と賀来千香子サン(58才)や、りょう太クンの母・三浦りさ子サンと『BEAMS』代表取締役の設楽洋さんのように、「叔母」「叔父」でもOK。昔から歌舞伎界では、こうした関係性を含めて取り沙汰されていましたから、芸能界でも今後は「遠い親戚」まで話題になる可能性が高いです。構成■山田美保子/『踊る!さんま御殿?』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『バイキング』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。※女性セブン2020年6月25日号
2020.06.13 07:00
女性セブン
【動画】鈴木亮平が全米デビューへ 後押ししたのは渡辺謙だった
【動画】鈴木亮平が全米デビューへ 後押ししたのは渡辺謙だった
 鈴木亮平さんが全米デビューです。アメリカのドラマ『トウキョウ・バイス』に出演することが分かりました。全米デビューの後押しをしたのはこのドラマで共演する渡辺謙さん。2人は、一昨年のNHK大河ドラマ『西郷どん』で共演。渡辺さんは当時、鈴木さんについて「これからの日本を支える心・技・体の三拍子がそろったいい役者が出てきた」と絶賛。さらに「近い将来、世界的に活躍するよ」と太鼓判を押していたそう。 NHK関係者は「あの頃からハリウッドでの日本人俳優の後継者として想像していたのかもしれません」と明かしています。
2020.04.16 07:00
NEWSポストセブン
杏、実母から12億円請求される 霊能者の存在と家族という宿痾
杏、実母から12億円請求される 霊能者の存在と家族という宿痾
 夫・東出昌大(32才)の不倫騒動で同情の声が集まる杏(34才)に、今度は実母とのトラブルが明るみに出た。父・渡辺謙(60才)と母が離婚した際に、杏は自らの意思で母親と暮らすことを選択し、二人三脚で歩んできたはず。母娘はなぜ決別したのか──。 鉄筋コンクリート造りのモダンな一戸建てから、「いーち、にー、さーん」という元気な女の子のかけ声が聞こえてくる。「寒いから、そろそろ家の中に入りなさい」。そう優しげに声をかけた母親は、渦中の杏だった。4月上旬、この自宅に変化があったという。「工事業者が出入りしていて、大きな荷物を運び込んでいました。大がかりな工事が始まるのでしょうか。いろいろあったから、リフォームしているのかなぁ」(近所の住民) いまの杏は、すべてを白紙に戻したい──そんな心境かもしれない。 夫・東出昌大の不倫で身も心もすり減らした杏に、「もう1つの家族問題」が発覚した。『週刊新潮』(4月16日号)が、実母・A子さんとの骨肉裁判を報じたのだ。 杏は芸能事務所「トップコート」に所属しているが、2009年に節税目的で個人事務所を設立。実母は代表取締役に就いた。トップコートからのギャランティーが個人事務所に入り、「従業員」の杏に給与が支払われる、という構図だ。だが2014年、杏は個人事務所を退社し、再びトップコートとの直接契約に戻すと実母に通達。 これに対しA子さんは、「無効」だと応戦。母と娘の争いは、2015年に調停を申し立てるも不調に終わり、ついに2017年の年末に訴訟にまで発展した。A子さんの請求は、杏が個人事務所の従業員であることの確認と、調停の席で自らの名誉を毀損したとして、慰謝料1000万円。さらに、杏がそのまま個人事務所に所属し続けたとして20年間の利益を約12億円と算出し、まずは3000万円を補填せよというものだ。 良好な関係を築いていたはずの母娘に、何が起きていたのか。裁判資料には、杏と実母の間に刻まれた溝の深さが記されていた──。 杏は1986年に渡辺謙とA子さんとの間に生まれた。2才上の兄・大(35才)とともに、人気俳優の娘として不自由のない人生を歩んでいたが、杏が高校生のときに歯車が狂い始める。 2002年に両親が別居すると、同年7月に渡辺が「離婚成立」と「子供の親権」を求めてA子さんを提訴。その裁判で、驚きの事実が明らかになった。「A子さんが杏さんの同級生の保護者を含む知人50人から、約2億円もの借金をしていたこと。同時期に心酔していた宗教団体に、約2億5000万円もの大金を振り込んでいたことが明かされました。A子さんの借金を理由に渡辺さんは離婚を申し出たわけですが、これにA子さんが反撃。渡辺さんの不倫疑惑を、女優9人の実名とともに証言したんです。 当然、家族は崩壊。別居時には渡辺さんが杏さんを連れて家を出たのですが、父親の不貞を知った杏さんが自分の意思でA子さんの元に戻っています。その後、裁判は渡辺さんの勝訴で決着しましたが、杏さんの親権はA子さんが持つことになりました」(芸能関係者) 以降、母娘で借金返済の“いばらの道”を歩むことになる。 杏は「借金があるのに学校には通えない」と高校を中退。芸能活動に専念した。親の七光りを避け渡辺姓を名乗らず、モデルとしてキャリアを積み重ねていく。単身での海外留学生活は苦労の連続だった。そして女優業にも進出、2008年には「トップコート」に所属。個人事務所社長にA子さんを据えてスタートを切った。 蜜月といわれた母娘関係に終止符が打たれた2014年は、杏にとっては大きな出来事が2つ重なっている。 1つめは杏がNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』で共演した東出と、交際をスタートさせたこと。もう1つは、母の借金の完済だ。だが、杏の中では、このタイミングでの決別は以前から決めていたことだった。「A子さんはこの間、ある女性霊能者に傾倒していたのです。杏さんの個人事務所のコンサルティングをこの女性に任せ、勝手に多額のコンサルタント料を支払っていました。杏さんはこのことに気づき、愕然としましたが、借金を完済するまでは母親を支えようと考え、堪えていたんです。そして晴れて借金を返し終えたタイミングで“独立”を主張したのです」(前出・芸能関係者)◆母は杏のマンションを所有したまま兄と生活 A子さんは渡辺との裁判同様に、衝撃の“暴露”を持って応戦している。なんと、霊能者に頼っていたのは杏の方だというのだ。「杏さんは東出さんと結婚する前に、妻子ある男性との不倫やDV癖のある男性と交際していて、そのことを霊能者に相談していたというのです。その相談メールを証拠として裁判所に提出しています」(前出・芸能関係者) 前述したように、杏は母親が宗教団体に心酔したことで苦労した過去がある。にもかかわらず、母親が頼った霊能者に相談を持ちかけていた。 2015年に杏が東出と結婚した際、渡辺や再婚相手の南果歩(56才)は披露宴に参列したが、A子さんの姿はなかった。当時は奇妙に語られていたが、この争いの最中だったのである。 この間、杏を支えたのが渡辺だった。「結婚という幸せの絶頂にいるべき娘が、実の母から訴えられているという現状を知って、渡辺さんから声をかけたそうです。不倫をしていたことに対する贖罪の気持ちもあったのかもしれません。杏さんも、少しずつ渡辺さんに相談するようになったそうです」(杏の知人) 結婚後には、渡辺が杏の自宅を訪れるなど、父と娘の関係は完全に改善している。 杏は過去を振り返らず、穏やかに暮らし始めていた。しかし平穏な日は長く続かない。2020年1月、東出の不倫が発覚したのだ。 家族という宿痾に苦しめ続けられる杏。A子さんは、いまも杏名義で購入したマンションを“所有”したままだ。「最近は、(A子さんは)長男の大さんの自宅によくいらっしゃるようです。今月も大きな荷物を持って家に入っていく姿を見ていますよ」(大の自宅の近隣住民) 4月中旬、自宅から出て来た大にA子さんと杏の裁判について聞こうとしたが、声をかけるなり「申し訳ございません」と言い、再び自宅に入った。 肉親と争い、愛した夫には裏切られ──杏の心中は察するにあまりあるものがある。 さらに、この新型コロナウイルスである。東出が家を出てからというもの、杏は双子の娘を含めた3人の子供を、先の見えない孤独の中で“ワンオペ”で育てている。「緊急事態宣言で保育園は休園。外出もままならず、誰にも頼れずに本当にかわいそうです。いったい、杏さんが何をしたって言うんでしょう」(前出・杏の知人) その問いに誰も答えることができないが、答えを誰よりも欲しているのは、杏本人なのかもしれない。※女性セブン2020年4月30日号
2020.04.15 15:55
女性セブン
鈴木亮平が全米デビューへ 後押ししたのは渡辺謙だった
鈴木亮平が全米デビューへ 後押ししたのは渡辺謙だった
 俳優・鈴木亮平(37才)が、全米で配信がスタートする米国ドラマ『トウキョウ・バイス』に出演することが、分かった。同ドラマは、元新聞記者のジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタインが日本の裏社会に迫った著書『トウキョウ・バイス アメリカ人記者の警察回り体験記』のドラマ化。ハリウッドで最も有名な日本人俳優の渡辺謙(60才)が、主人公ジェイクの父親的存在のカタギリ刑事を演じて、製作総指揮(エグゼクティブ・プロデューサー)もする、注目の作品だ。 大手ワーナーメディアの映像配信サービス「HBO Max」の目玉ドラマで、本格的な米国デビューを飾る鈴木の役柄は、主人公と対立する暴力団幹部という重要なポジション。配信スタートは5月が予定されていたが、新型コロナウイルスにより現在撮影は休止中。 大手芸能プロダクションのあるマネジャーは「亮平さんといえば、186センチのマッチョボディーで肉体派俳優の印象が強いですが、実は英語がペラペラの超インテリです」と話す。東京外語大外国語学部出身で、実用英語技能検定1級の持ち主だ。「筋トレだけでなく、何事にもストイックで並外れた集中力を発揮する。英語も、そんな姿勢で会得したようです」(同前) 2015年までは、ハリウッドのエンターテインメントを紹介する米国大手放送局FOXの情報番組「FOX BACKSTAGE PASS」で、3年間もMCを務めていた。 とはいえ、そんな実力を持つ鈴木でも簡単にデビューができないのが、エンタメの本場米国。カギを握っていたのは、製作総指揮の1人、渡辺謙だった。渡辺の知人は「鈴木さんの出演を後押ししたのは、謙さんです。以前から、鈴木さんを高く評価していたのです」と明かした。 きっかけは、一昨年のNHK大河ドラマ『西郷どん』だ。鈴木が演じた主人公の西郷隆盛を見出した恩人の島津斉彬役が、渡辺だった。1987年にNHK大河ドラマ史上最高平均視聴率39.7%を打ち立てた『独眼竜政宗』などで大河主演経験のあった渡辺。鈴木について「私自身も芝居の中で彼にエネルギーをもらいましたし、(出演回終了後も)親戚のような感覚で見ていました。よくやった! というよりは、少し口幅ったい言い方ですが、俺の目に狂いはなかった、ということですね」と、最大級の賛辞を送っていた。 あるNHK関係者は「謙さんも184センチと長身だからか、『これからの日本を支える、心・技・体の三拍子がそろったいい役者が出てきた』、『英語も話せるし、近い将来は世界的に活躍するよ』と太鼓判を押していました。今思えば、あの頃からハリウッドでの日本人俳優の後継者として想像していたのかもしれません」と語る これまでICHIRO・SUZUKIが全米を席巻してきたが、2020年代は、RYOHEI・SUZUKIが、米国で一番有名なSUZUKIになるかもしれない。
2020.04.12 16:00
NEWSポストセブン
芸能界の話題について占うゆうたろう
占い師として注目のゆうたろうがズバリ占う杏&東出の今後
 大きなブランデーグラスがトレードマーク。石原裕次郎さんのモノマネで知られるお笑い芸人のゆうたろう(50才)が占い師になっていた。すでによく当たると評判になっており、芸能人の駆け込み寺的な存在になっているという。そんなゆうたろうに、今注目の芸能ニュースについて今後を占ってもらった。タロット鑑定でカードが示したのは果たして――。――まず、不倫騒動で騒がせている東出昌大さんですが、運勢的にはどんなかたなのでしょうか?ゆうたろう:東出さんの“運命数”は2。これは、東出さんの1988年2月1日生まれという生年月日を足して割り出した数字です。2は頑固で人の話を聞かず、自分の信じた道を進んで成功するタイプが多い。だから本来であれば努力型なのに、天才肌のように勘違いしてしまうこともあります。そしてミラクルを引き寄せる力も持ち合わせています。杏さんとの結婚も、ある意味ミラクルでしたよね。――不倫騒動はまだ収束していません。東出さんと杏さんの今後は?ゆうたろう:タロットカードで占ってみましょう。(カードを広げる)…今の段階では杏さんとの復縁は難しそうですね。社会的にもまだ復活できない。でも東出さんは希望を持っている、とカードに出ています。復縁も仕事もミラクルが起きる――そんなふうに思っているかもしれません。――そもそも東出さんと杏さんの相性は?ゆうたろう:(カードを見て)お互いが助け合うバランスのいい関係でした。しかし、東出さんにはそもそも杏さんが“大きすぎた”んですね。東出さんは知名度が上がったことに慢心してしまった部分があります。東出さんとお義父さん(渡辺謙)の関係もうまくいっていたのに、不倫を隠していた時期に何かトラブルがあったのかもしれません。1回和解したというカードが出ています。 現時点では復縁は難しいですが、東出さんが反省すれば、今後、杏さん次第ではありますが復縁の可能性はゼロではありません。とはいえ、それぞれが別の道に進む可能性が高いし、きれいな復縁にはなりそうもありません。7月、8月くらいにはひとつの答えが出ると思います。――唐田えりかさんとの不倫関係はどうなる?ゆうたろう:このまま終わるでしょう。でも唐田さんはまだ東出さんを引きずっている、というカードが出ています。――では、続いて恋愛で何かとニュースになるZOZO創業者の前澤友作さんについて。剛力彩芽さんとの復縁の噂もあります。ゆうたろう:(カードをめくって)復縁はなさそうですね。前澤さんは今、運気的にパワーダウンと出ていますし、剛力さんはすでに割り切っていて、恋愛に冷静になっているようです。――前澤さんは真剣にパートナーを募集すると宣言し、2万7000人以上もの応募があったにもかかわらず、お見合い企画を中止してしまいました。ゆうたろう:今は恋愛よりも自分自身に力を蓄えている時期なんですね。恋愛が始まるのは少なくとも半年くらいかかりそうです。 次に前澤さんが選ぶ女性はバランスがとれている人。恋愛に前向きで、情熱的で豊かな感性を持つ活動的な女性。年齢は30代後半~40代でしょう。華やかな世界の人のようですから、女優さんとかどこかの企業の令嬢とかでしょうか。 めぼしい女性は近くにいる感じがします。そして次に真剣交際に発展した人とは結婚するかもしれない。家族を持つ意味合いのカードが出ています。どんな女性なのか、ちょっと楽しみですね。【ゆうたろう】1970年2月21日生まれ。石原裕次郎さんのモノマネで知られ、石原プロからも公認されている。2000年、秋元康作詞の『有線よありがとう』で第33回日本有線放送大賞音楽賞受賞。2019年より占い師としても活動。撮影/浅野剛
2020.03.07 07:00
NEWSポストセブン
【動画】佐藤浩市の黒板アートが本人に似すぎていて凄い
【動画】佐藤浩市の黒板アートが本人に似すぎていて凄い
 俳優の佐藤浩市さんと元サッカー選手の丸山桂里奈さんが映画『Fukushima 50』の黒板アートイベントに登場しました。イベントでは福島の会津学鳳高校美術部員が制作したチョークで描かれた黒板アートが披露され黒板には映画でW主演を務める渡辺謙さんと佐藤さんの顔が描かれていました。その絵を見た丸山さんは「ここまで似てると驚いちゃう」とその出来栄えを大絶賛していました。映画『Fukushima 50』は3月6日から公開です。
2020.03.05 16:00
NEWSポストセブン

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト