国内

総額32万円だったはずの葬儀費用、なぜ200万円に膨らんだか

「家族葬」の費用はどのくらいかかる?

 作家・山口恵以子さんが最愛の母との最期の日々を綴って話題となっている『いつでも母と』にこんなシーンがある。母を自宅で看取り、悲しみのなか家族葬を執り行おうとしたところ--《母は「お葬式は家族だけで質素に」と言っていたのに》、家族葬の費用は予想を大きく上回る総額200万円弱に。

《「どうしてこんなに高いのよ! 金がなかったら死ねないじゃない!」》と山口さんは憤懣やるかたない気持ちを爆発させる--葬儀はたった一度、リハーサルもできないからこそ、事前に調べ、決めて、準備しておくべきなのだ。家族との時間が増えたいまのうちに、じっくり話し合ってみては?

◆総額32万円のはずが終われば200万円!?

 葬儀において忘れてはいけないのが、お金の問題だ。「家族葬」と言われれば安いのでは、と感じるが必ずしもそうとはいえない。そもそも家族葬の費用はどのくらいなのか。家族葬を専門に行う大阪セレモニーの山田泰平さんはこう言う。

「葬儀会社や地域、人数によって異なりますが、20~30人程度なら、生花祭壇や棺、遺体安置や通夜、告別式など一式セットで50万円ほどあれば行うことができるでしょう。別途、寺院へのお布施、火葬費用(地域により異なる)が必要になるし、祭壇や棺をグレードアップすれば追加料金がかかります」

 比較的低コストの家族葬だが、お金で失敗する人も多い。国民生活センターには葬儀社とのトラブル相談が年間約600件も寄せられている。

 例えば夫を亡くした70代女性の次のようなケース。

 女性は参列者も少ないので、葬儀社に「家族葬にしたい」と伝えていた。しかし、夫を亡くして精神的な余裕がない状況で祭壇などの高価なオプションをすすめられ、業者に言われるままに押し切られてしまう。さらに、狭い会場での葬儀を希望していたが、当日通されたのは広い会場。

 参列者が少ないので寂しいお葬式になってしまった。そればかりか約150万円を請求されて、支払いをしたくないと相談があったという。山口さんも、想像以上に費用がかかってしまったと後悔している。

「葬儀社と契約した際、いちばん安い祭壇を選んで、総額32万円のセット料金だと思っていました。すると棺・骨箱・遺影の額・告別式の会席膳などの費用が加算されて、最終的に200万円弱になってしまったんです。すべてが後の祭り。事前に調べるべきだったと、いまだに悔やまれます」(山口さん)

 こうした後悔をしないためには、どうすればいいのか。山田さんがアドバイスする。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン