国内

総額32万円だったはずの葬儀費用、なぜ200万円に膨らんだか

「家族葬」の費用はどのくらいかかる?

 作家・山口恵以子さんが最愛の母との最期の日々を綴って話題となっている『いつでも母と』にこんなシーンがある。母を自宅で看取り、悲しみのなか家族葬を執り行おうとしたところ--《母は「お葬式は家族だけで質素に」と言っていたのに》、家族葬の費用は予想を大きく上回る総額200万円弱に。

《「どうしてこんなに高いのよ! 金がなかったら死ねないじゃない!」》と山口さんは憤懣やるかたない気持ちを爆発させる--葬儀はたった一度、リハーサルもできないからこそ、事前に調べ、決めて、準備しておくべきなのだ。家族との時間が増えたいまのうちに、じっくり話し合ってみては?

◆総額32万円のはずが終われば200万円!?

 葬儀において忘れてはいけないのが、お金の問題だ。「家族葬」と言われれば安いのでは、と感じるが必ずしもそうとはいえない。そもそも家族葬の費用はどのくらいなのか。家族葬を専門に行う大阪セレモニーの山田泰平さんはこう言う。

「葬儀会社や地域、人数によって異なりますが、20~30人程度なら、生花祭壇や棺、遺体安置や通夜、告別式など一式セットで50万円ほどあれば行うことができるでしょう。別途、寺院へのお布施、火葬費用(地域により異なる)が必要になるし、祭壇や棺をグレードアップすれば追加料金がかかります」

 比較的低コストの家族葬だが、お金で失敗する人も多い。国民生活センターには葬儀社とのトラブル相談が年間約600件も寄せられている。

 例えば夫を亡くした70代女性の次のようなケース。

 女性は参列者も少ないので、葬儀社に「家族葬にしたい」と伝えていた。しかし、夫を亡くして精神的な余裕がない状況で祭壇などの高価なオプションをすすめられ、業者に言われるままに押し切られてしまう。さらに、狭い会場での葬儀を希望していたが、当日通されたのは広い会場。

 参列者が少ないので寂しいお葬式になってしまった。そればかりか約150万円を請求されて、支払いをしたくないと相談があったという。山口さんも、想像以上に費用がかかってしまったと後悔している。

「葬儀社と契約した際、いちばん安い祭壇を選んで、総額32万円のセット料金だと思っていました。すると棺・骨箱・遺影の額・告別式の会席膳などの費用が加算されて、最終的に200万円弱になってしまったんです。すべてが後の祭り。事前に調べるべきだったと、いまだに悔やまれます」(山口さん)

 こうした後悔をしないためには、どうすればいいのか。山田さんがアドバイスする。

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン