• TOP
  • 国内
  • 獣神S・ライガーが子供たちに「遊べない時間が夢に繋がる」

国内

2020.05.21 16:00  女性セブン

獣神S・ライガーが子供たちに「遊べない時間が夢に繋がる」

獣神サンダー・ライガーが子供たちにメッセージ(公式HPより)

 新型コロナウイルス感染防止のため、多くの学校が長期休校となり、子供たちも大きな不安を抱えていることだろう。そこで、元プロレスラーの獣神サンダー・ライガー氏が、子供たちにメッセージを送る。

【プロフィール】
元プロレスラー 獣神サンダー・ライガー/1989年デビュー。垂直落下式ブレーンバスター、ライガーボム、ロメロ・スペシャルなど豊富な得意技でリングを沸かせ、2020年1月に引退。引退後はYouTubeの『ライガー・チャンネル』でも活躍中。

 * * *
 ぼくは、今年の1月まで現役のプロレスラーでした。だけど最初から「肉体派」というわけではありません。意外かもしれませんが、小学5、6年生のときは園芸部でした。園芸屋さんの雑誌やカタログを見て、食虫植物があると知り、その頃から育てるようになりました。空白期間はありますが、いまでも育てています。

 休み時間に友達と野球をすることはあったけれど、何かのスポーツを本格的にやったことはありません。だって園芸部ですから(笑い)。スポーツよりも、家の中で本を読んだりするのが好きでした。

 あるとき、植物の本を書店に買いに行ったら、近くにプロレス雑誌があったんです。表紙は藤波辰爾さんでした。海外遠征でWWWFジュニアヘビー級王座を獲得し、凱旋帰国した頃です。腹筋バリバリで無駄な肉が一切ない。

「うわ! かっこいい!」と思って、それからプロレスを見るようになりました。ぼくはこのとき、自分の夢を見つけてしまったんです。

 もし本が好きじゃなかったら、園芸部に入っていなかったら、書店でプロレス雑誌を手にとることもなかったかもしれない。自分の中の「好き」が、新たな「好き」を呼び寄せたんです。

 いまは外で遊ぶことができません。毎日が休みみたいなものです。いまの時間を、「マイナス」だと考えるかもしれない。でもね、マイナスは大きなパワーになるんだ。

 ぼくの身長は170cm。プロレスラーとしては“マイナス”です。最初からハンデがあった。でもマイナスがあったからこそ、どうしたらいいか、考えることができた。「トレーニングで誰にも負けないぞ」とがんばることができたし、強靱な肉体を作り上げることができた。マイナスからスタートしていなかったら、IWGPジュニアヘビー級王座を11回も獲得できなかったかもしれない。マイナスは、自分の背中を押してくれるのです。

 だから、この「時間」は決してマイナスじゃないよ。

「好き」がある子は、深めたり、広げたり、もっと没頭してみよう。「好き」がない子は、いろいろ探してみよう。

 もしかしたら、この時間にいろいろ考えたり行動したりしたことが、君の「夢」につながるかもしれない。このマイナスの時間にためた君のパワーは、大人になって、きっと爆発する。ぼくはそのことを信じています。

※女性セブン2020年6月4日号

関連記事

トピックス