ライフ

マスクしてても綺麗に見えるメイクの秘訣「眉がポイント」

マスク顔は「眉」がポイントになる

マスク顔は「眉」がポイントになる

 新型コロナウイルスの影響で、外出にはマスクが欠かせなくなった。リモートワークの普及やステイホームでメイクする機会が減ったという女性も少なくないが、仕事などで出かける時には「マスクだからノーメイクで」というわけにはいかないケースもある。

「マスクをつけたときに見えているのは、目と眉です。でも、ここだけ張り切りすぎてもマスクとは合わないので、バランスを考えましょう」と語るのは、『たるみはメイクでなくせます!』の著書があり、雑誌『女性セブン』でメイク法を紹介し続けているメイクアップ・アーティストの山本浩未さんだ。自身の経験を踏まえた“脱おばさん”的視点での元気メイクのアドバイスにファンが多い。

「マスクをして目と眉しか見えてないのに、“おばさん”と感づかれることがあります。なぜなら、たるみの悪影響がもっとも出やすいところだからです」(山本さん。以下同)

 たるみは年齢の影響だけではなく、20代後半でも「たるみが気になる」という女性は多いという。たるみが起きると、上側は間延びして、下側は詰まってくる。つまり、目全体(とくに目尻)が下がり、眉山が目立って三角眉に近くなる。そして、眉と目の間が広くなる。

「そうなると、福笑いっぽい顔になってくるんです。マスクをしていると、その特徴的な眉と目だけ見えることになります」

 そうすると、「眠そう」「疲れてます?」と言われがちな“間延び顔”に見えてしまいかねない。このたるみ問題は、眉メイクの工夫でカバーできるという。

「顔の中で最も太く存在感があり、目のフレームとなってくれる黒色の眉毛。ここを整えることは、ポイントメイクの中でもいちばん効果的で、たるんでいるように見える部分を引き上げてくれます。

 キモは、眉の下側のラインを、ストレートにとること。眉頭から眉山に向かって、少しナナメ上に上昇するような眉をイメージして輪郭をとってください。

 眉の下側は、ペンシルで一直線の線を描いても不自然に見えないというメリットがあります。だから繊細に1本ずつ毛を描くような手間をかけなくてもOK。後からササッとブラシでとかすだけでサマになり、失敗知らずです。テクニックに自信のない人でも、この眉の描き方なら実践できるはずです」

 眉の下側をストレートラインにすることで、まぶたのたるみ感を払拭。ブラウンのアイブロウペンシル1本で、印象はキリッと変わる。眉だけなら、男性にもおすすめだという。以下が、山本さんが紹介してくれた眉メイクのポイントだ。

【1】下のラインをまっすぐに決める
 まずは眉の下側の輪郭をとる。眉頭から約1cm離れたところから、眉山の下までストレートな線になるように線を引く。

ポイントその1

ポイントその1

 

【2】眉尻の輪郭を描く
 次に、上側の輪郭をとる。上は、眉山から眉尻まで。斜め下方向に描き、先に描いた下側のラインとつなげる。

ポイントその2

ポイントその2

関連キーワード

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン