ライフ

コロナ禍おこもりで睡眠・食事が健康的に、肌荒れ改善も

ノーメイクの人が増え、化粧品の売り上げが減

 外出できない、収入が減った、家族ともめ事が増えた――前代未聞の外出自粛期間は、たしかにストレスフルだった。ただ、昔から禍福は糾える縄の如しという通り、「自粛も案外悪くなかった」と感じる人もいるし、実際にそんな研究や統計もある。意外なところに「不幸中の幸い」は転がっていた。

「コロナ太り」に悩む人がいる一方で、毎日の食事が健康的に変化したという人も少なくない。タレントの渡辺直美(32才)も、外出自粛の影響で自炊を始めたことにより、体重が5kg減ったとテレビ番組で報告した。

 ちくさ病院内科医の近藤千種さんはこう分析する。

「仕事が忙しく、外食や買い食いが多かった人ほど、高脂肪、高カロリーな欧米型の食生活に偏りがちでした。しかし、営業自粛で開いている店が減れば、自然と家で食事する機会が増えます。コンビニのおにぎりで手っ取り早く済ませていた食事が、炊飯器で炊いた米と、バランスのいいおかずに変わってきたのでしょう」

 緊急事態宣言が発出された直後は、スーパーから食品が消える買い占め騒動も起こった。一方で、売り上げが減少したものもある。

 全国のドラッグストアなどを対象とした調査では、口紅やファンデーションといった化粧品の売り上げが軒並み低下。在宅中はノーメイク、外出時はマスクを着用するため不要になったことが大きい。

 食事、睡眠の改善とも相まって、自粛期間中に「肌荒れが治った」という声は多い。

「皮膚細胞はつねに呼吸しているので、ノーメイクの時間が増えたことは肌に好ましい。外出しないことで、紫外線によるダメージが減ったことも影響します。ゆっくりお風呂に入ったり、肌のお手入れに時間をかけたり、自分のために使える時間が増えたこともいい効果です」(近藤さん)

※女性セブン2020年6月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン