芸能

ノンスタ井上裕介 勝負服は「ボーダーのロングTシャツ」?

ボーダーシャツは何枚持ってる?

ボーダーシャツは何枚持ってる?

 ラジオ番組を終えて帰路につく、お笑いコンビ・NON STYLE(ノンスタイル)の井上裕介(40)の姿をキャッチした。ゆるっと着た大きめサイズの白黒ボーダーラインのロングTシャツが印象的だ。

 NON STYLEは2008年にM-1グランプリで王者になり人気が急上昇。ナルシストキャラを打ち出している井上だが、2010年から2012年まで「よしもとダサい芸人ランキング」で3年連続1位になって不名誉な殿堂入りを果たしていた。2018年にもバラエティー番組『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の「一般女性が選ぶ 私服-1GP団体戦」でも、芸人30人の中で屈辱の最下位。世間からはすっかりダサいイメージがついてしまったのだが、多くの芸能人と仕事をしているスタイリストはこう評する。

「井上さんは、冷静に見ると普通のファッションセンスなんです。女性ウケするブランドなんかも取り入れていますし、清潔感もあります。ただ、40歳になったことで年齢よりも若く見えるカジュアルスタイルを意識しているのか、若作りしているように見える印象ですね。ボーダーのロンTは、若く見える定番のファッションとは言えます」

 実は、昨年11月に井上が桐谷美玲似の美女とお泊りデートした様子をキャッチした際もボーダーだった。その時はピンクとネイビーと白のボーダーロンTで、女性と居酒屋で食事を楽しんでいた。もしかして井上の“勝負服”?

「ボーダーは、キレイめではなく可愛い系に見えます。普通のファッションセンスですが、“何を着るか”ではなく、“誰が着るか”ということもありますので、ダサいイメージがついている井上さんが着ると“ダサ可愛い系”と評価されてしまうのかも……」(前出・スタイリスト)

 相方の石田明(40)は、ブログで3人の愛娘たちと遊ぶ様子などを綴ってマイホームパパぶりが話題となっている。一方で、独身生活を謳歌中の井上。次にデート姿がキャッチされるときは、どんなスタイルで登場するだろうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン