ライフ

東大卒ママが振り返る幼少期 「比べられることはなかった」

法学部卒業・長女(3才)、長男(1才)の母である牧田瑞穂さん(32才)

「東大生」は幼い頃から特別な教育を受けていたのでは? 必ずしもそういうわけではないようです。では、どんな育ち方をしたのか? 『東大卒ママたちに教わる、「東大脳」を育てる3歳までの習慣』(小学館)という本では、「東大卒ママの会」のアンケートデータを基にした、育脳の実践法を多数掲載しています。今回は、その「東大卒ママの会」に在籍する3人の東京大学卒のママ3人に話を聞きました。

【座談会に参加してくれた東大卒ママ】
牧田瑞穂さん(仮名) 32才・法学部卒業・長女(3才)、長男(1才)
木原麻美さん(仮名) 32才・経済学部卒業・長女(4才)、長男(2才)
竹下貴子さん(仮名) 32才・法学部卒業・長男(3才)、次男(0才)

経済学部卒業、長女(4才)と長男(2才)の子を持つ木原麻美さん(32才)

◆がんばった自分をほめてくれたから自信が湧く

──東大卒のかたがどのような家庭で育ったのか、特別なしつけや教えがあったのか、といったところが気になりますが、親御さんの育て方でよかった点を教えてください。

竹下:私は4人きょうだいの末っ子なんですけど、小さい頃からほかのきょうだいと比べられることがありませんでした。「お兄ちゃんは3才でできたんだよ」とか、そういう言葉はまったくなくて、私は私として育ててくれた。それがとてもありがたいと思っています。

法学部卒業、長男(3才)と次男(0才)の子を持つ竹下貴子さん(32才)

牧田:うちもテストの点数などをほかの子と比べるということはなかったですね。

木原:私もそうでした。たぶん、「テストの結果を見せて」と言われたこともなかったんじゃないかな。低学年の頃は親と一緒に宿題をやっていたので、漢字テストで勉強したところが出ていると、「できたよ!」と言って、親が喜ぶ顔を見るのがうれしかったですね。

牧田:とにかくよくほめてくれました。放任主義というか、あれこれダメというのもなく。もちろん親だって人間なので感情的になることもあると思うんですけど、ほめるポイントをきちんと押さえてくれていたなと思います。例えばテストにしても、「この前できなかった問題ができていたね」とか、何をがんばってそういう成果になったのかをきちんと見ていてくれて。ほめ方が上手だったのかもしれないですね。

世界の国々や地理に興味を持ち始めたら、地図や地球儀を見せながら子供とともに調べてみよう(写真提供/東大卒ママの会)

木原:私は人に迷惑をかけたり悲しませたりすることだけはやってはいけないと言われていました。お友達のおもちゃを取ったり、持っていない子の前で見せびらかしたりとか。でも、宿題をやっていなかったりすることで怒られることはなかったですね。自分自身のことは自分で管理しなさいという教えでした。

竹下:親のしつけでいちばん役に立ったのは早寝早起き。小さいときから朝5時には起きて、「やらなくてはいけないことをやってから自分のしたいことを自由にしてもいいよ」というのが母の口癖だったので、幼稚園の頃には、起きたらまず公文をやって、終わったら朝ご飯ができるまでの間、テレビを見たり外で遊んだりしていました。それが習慣になっていたので、受験のときも学校に行くまでの時間を勉強に割くことができたんだと思います。

木原:ルーティンでいえば、「今日、こんなことがあったよ」と学校であったことを毎日話していました。お風呂のときや母が料理を作っている後ろでしゃべるんです。話をまとめて伝える力はそこで養われたと思います。親子の会話は多かったですね。私の母はいまだに友達の名前を覚えていてくれます。

牧田:わかる! 「○○ちゃんは最近、元気?」って。

赤・青・黄色。色の三原色を混ぜると何色になるのかが視覚的に学び、色彩感覚や想像力を育む「色水遊び」(写真提供/東大卒ママの会)

──ちなみに、ゲームで遊んでいたりもしたんですか?

一同:やってました(笑い)。

牧田:『ポケモン』とか『たまごっち』とか。

木原:私は『テトリス』が好きでした。小さいキーホルダーについたやつ(笑い)。

牧田:私の場合は親が共働きで鍵っ子だったので、自分の家に友達を呼んで、みんなでゲームをしていました。1時間ほど遊んで夕方に解散していました。

※女性セブン2020年7月30日・8月6日号

積み木遊びでは、頭の中で立体のイメージを回転させる能力が鍛えられる(写真提供/東大卒ママの会)

 

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン