• TOP
  • ライフ
  • 猫とビールが楽しめる本屋の店主が語る漫画『トラとミケ』

ライフ

2020.07.22 16:00  女性セブン

猫とビールが楽しめる本屋の店主が語る漫画『トラとミケ』

『トラとミケ こいしい日々』第23話「雪解の候」より

 名古屋にあるどて屋『トラとミケ』を舞台にほっこりしたストーリーが描かれる漫画『トラとミケ』(ねこまき・作)。その単行本第2巻は発売するや大反響。たちまち重版が決まった。擬人化されたネコたちの切なくもあたたかい日常を全編フルカラーで描いたこの作品は、とりわけネコ好きの間で人気になっている。そこで、東京・三軒茶屋にある猫と本とビールが楽しめる本屋「Cat’s Meow Books」の店主・安村正也さんに、『トラとミケ』の魅力を綴ってもらった。

 * * *
「保護猫が店員の猫本専門店です」と当店のことを説明すると、「???」という顔をされることがあります。そこで「店長はネコですが、私はニンゲンの店主です」と加えると、わかったような、わからないような、それでもとにかく笑顔になっていただけます。

 この漫画の舞台、老舗のどて屋『トラとミケ』の店主はまさにネコ。いや、店主どころか、インターネットもあれば、もうすぐオリンピックまで来そうな世界なのに、登場するのはみんなネコ。そして、作品のなかには、常にふんわりとした笑顔があふれています。

 人情ばなしが大衆食堂や居酒屋で繰り広げられ、読むニンゲンをじんわり、ほっこりさせる物語はたくさんありますが、“ええ話”のキャラを全員ネコにされたら、そりゃあもう、膝に乗ったネコがそのまま寝ちゃったくらい心が温まるでしょ(伝われ)。

 猫本専門店をやっていると、お客様からのリクエストで「ネコがひどい目にあわない本」「最後に悲しくならない本」を読みたいという声を聞くことがよくあります。そこに「コミックで」というご要望が重なったとき、「必ず幸せな気持ちになれます」とおススメしているのが、この『トラとミケ』です。

 このたび晴れて第2巻が刊行されたわけですが、1巻からそろえて本棚に並べているニンゲンを見かけたら、それは“ええ人”間違いなし(2冊とも当店で買われていたら“もっとええ人”)。

 その“ええ人”たちを惹きつけているのは、まぎれもなく作者ねこまきさんの描く世界観でしょう。もちろん丹念に読みこめば、どなたでも“ええ話”なのは分かるのですが、フルカラー化された単行本をパッと開いて目に飛び込んでくる色づかいと手書き文字だけで、「あっ、これは優しい本だ」と手に取ったニンゲンを安心させるオーラが出ています。

関連記事

トピックス