• TOP
  • スポーツ
  • スポーツ紙競馬欄の読み方 “褒め言葉の常套句”には注意を

スポーツ

2020.07.26 07:00  週刊ポスト

スポーツ紙競馬欄の読み方 “褒め言葉の常套句”には注意を

予想には予想紙は欠かせないが…

 誰もが夢見るものの、なかなか現実にならない夢の馬券生活。調教助手を主人公にした作品もある気鋭の作家、「JRA重賞年鑑」にも毎年執筆する須藤靖貴氏が、競馬新聞における予想の読み解き方についてお届けする。

 * * *
 新聞なんてものは見出しを眺める程度で真剣に読まないものだ(すごい決めつけだな)。ところが競馬新聞、スポーツ紙の競馬欄は事情が違う。ファンはここを一字一句、精読する。

 その独特の短い言い回しに注目し、各紙を読み比べてみた。5紙くらい精読するとかなり疲れます。でもこれが面白いんだな。新聞が溜まるからカミさんには訝られるけど。

 前回で触れた不人気馬の評価はそれぞれ濃淡があったわけだが、単勝オッズ1倍台の人気馬は似たり寄ったり。まあ、そうなっちゃうんだろう。

 ある重賞の大本命馬は「スケール大」「展開不問の末脚」「強さ掛け値なし」「能力怪物級」「弱点見当らず」。選挙の立候補者みたいな誉め言葉オンパレード。この馬はちゃんと勝ち切ったからいいけど、もしダメなら任命責任を問われるくらいの強い表現である。言葉の強さで馬券を買うファンが少なからずいるはずだ。

 オッズ1倍台の凡走、あるある。

関連記事

トピックス