• TOP
  • 芸能
  • さかもと未明氏が日仏美術展に入選 画家への転身と挑戦を語る

芸能

2020.07.27 07:00  NEWSポストセブン

さかもと未明氏が日仏美術展に入選 画家への転身と挑戦を語る

画家として新たな挑戦を続けるさかもと未明氏(撮影/木村智)

 漫画家としてデビューし、多方面で活躍を続けるさかもと未明氏(54)が、絵画のジャンルで新境地を拓こうとしている。2017年に吉井画廊で画家として本格デビューしてから3年、さかもと氏の作品が、フランスの老舗サロン「サロン・ドトーヌ」が特別協賛する『第21回 日本・フランス現代美術世界展』で入選し、東京・六本木の国立新美術館に展示されることになった(展覧会は8月8日~16日)。新たな表現に挑戦し続けるさかもと氏の思いを聞いた。

 元々、漫画家としてデビューしたさかもと氏は、2006年に難病である膠原病を発症、漫画家でありながら手が動かなくなり、一時は余命宣告を受けたという。2013~2016年には、ほぼすべての表現活動を休止した。さかもと氏が語る。

「膠原病の悪化で、水の入ったコップすら持ち上げられない状況になりました。それに合わせて元来の鬱も悪化して、発達障害があることもわかり、メンタルの治療もはじめました。そんな孤独な闘病生活の中、自分の身体と精神の特質への理解を深め、社会からはみ出しやすい自分自身を克服したいと考えるようになったんです」(以下同)

 そんな彼女を絵画制作へと駆り立てる契機となったのは、ある女優との出会いだった。

「絵画に本格的に取り組むきっかけは、川島なお美さんとの運命的な出会いです。当時、私は病気で上手に絵も描けませんでしたが、スケッチブックはいつも持ち歩いていました。それを見てなお美さんが、『私を描いて!』って言ってくれて、鉛筆で描いたらすごく喜んでくれたんです。そのときに、今まで漫画を描いていたときとはまったく別の、絵を描く喜びというものを実感できたんです」

 2015年に川島さんが亡くなったとき、その遺影に使われたのはさかもと氏が撮影した写真だった。手に力が入らないなかで、まだ絵を自由自在に描くことは難しかったが、シャッターを押すことはできた。さかもと氏は、写真に続いて版画へと表現の幅を広げていき、少しずつ病気を克服していくとともに絵画の道を志すようになった。芸術の本場であるフランスへも、何度も通った。

関連記事

トピックス