• TOP
  • 芸能
  • 酒井法子がコロナ禍に「恐怖に囚われすぎるの良くない」と鼓舞

芸能

2020.08.09 07:00  週刊ポスト

酒井法子がコロナ禍に「恐怖に囚われすぎるの良くない」と鼓舞

さまざまな活躍を見せた酒井法子

 アイドルとして活躍していた頃を、本人が振り返るシリーズ「あの頃のわたし」に今回は酒井法子(49)が登場。1990年のアイドル絶頂期、「マンモスかわいいのりピー」の秘蔵カットを、本人が振り返る。

 * * *
 この写真集のタイトル『White Girl』は、同時にアルバム制作や海外でのビデオ撮影、コンサートなども行なったプロジェクトでした。元々は、遠藤響子さんにいただいた曲のタイトルでもあります。

 歌詞の最初の1行目を初めて読んだ時、その時の私の心境を表現してくれていて、涙が溢れたことを覚えています。「いつも元気なのりぴー」──でもそれだけじゃない。色んな気持ちが本当はあったりして……懐かしいです。本当に大好きな曲ですし、思い入れがたくさんある写真集です。

 当時は本当にたくさんの写真集を作らせていただいていました。ひとつ、ひとつ大切に真剣に作り上げていました。今見返してみても、様々な場所の美しさも加わり本当に素敵! 私自身見ていて楽しいです。ぜひ皆様にもまた楽しんでいただけたら嬉しいです。

 新型コロナが流行していますが、見えない恐怖に囚われすぎるのも良くないし、かと言って何の対策もしない訳にはいかないですよね。自分自身できることから対策をしつつ、変わりゆく時代に合わせながら、努力をたゆまずしてゆくしかないと思います。Zoomやインスタを見ながら朝ヨガ始めたりしてます!!

関連記事

トピックス