芸能

榮倉奈々が8kg痩せた「水ダイエット」、水中毒のリスクも

7~8kg痩せたという榮倉奈々

 著名人たちが実践するダイエット法は、簡単そうに見えても実際はかなりハードな運動だったり、体を壊す恐れのある方法だったりと、過激であることが少なくない。
 
 最近、話題になっているのが、榮倉奈々(32才)が実践した「水ダイエット」だ。映画『糸』の役づくりのため、2週間で7~8kgの減量に成功したが、その方法は、筋力トレーニングで筋肉をつけた後、食事を制限しながら、多い日は12リットルもの水を飲むというもの。

 一見、単純な方法にも見えるが、榮倉は自身のインスタグラムで、

《一人一人違うプログラムですし、私の身体に合わせた内容を組んでもらって、監修の元、行なえた撮影の為の減量です》と、専門家の指導の下で実践したことを強調した。
 
 そもそも、なぜ「水を飲む」ことでやせるのか。これは“代謝がよくなる”からだという。

「ミネラルウォーターなどに含まれるマグネシウムやカルシウムといったミネラルは、代謝の邪魔をする重金属などの老廃物の排出を促します。それによって基礎代謝が上がり、脂肪も燃焼され、やせやすくなるのです」(脳神経内科医でマインドフルへルス代表の山下あきこさん)

「水ダイエット」を実践するなら、その量や飲み方にも注意が必要だ。むやみに大量の水を飲むと、逆に体調が悪化しかねないという。マブチメディカルクリニック院長の馬渕知子さんはこう解説する。

「人間の体は、発汗や腎臓の働きによって水分量が一定に保たれており、余分な水分は尿として排出されています。しかし、個人差はありますが、1時間に1リットル以上の水を飲むと、腎臓の働きが追いつかず、体内の水分量が急激に増えてしまう。すると、血液中の塩分やミネラルの濃度が通常よりも下がり、めまいや意識障害、嘔吐などの症状が起こる“水中毒”になる危険性があります」

 代謝アップに適した水の摂取量は、1日当たり「体重(kg)×約40ミリリットル」だそうで、例えば50kgの人なら2リットルが目安になる。さらに、一度に大量に飲むのではなく、少量ずつこまめに、塩分などを摂取しながら行いたい。

 もうひとり、「最近、やせた」といえば、「新型コロナ」で連日テレビにひっぱりだこの白鷗大学教授・岡田晴恵さん(57才)だろう。感染症学・公衆衛生学などの専門家ながら7月1日付で大手芸能事務所「ワタナベエンターテインメント」に所属。出始めの頃に比べると、メガネからコンタクトに変え、メイクや衣装も垢抜けてきたといわれているが、体にも変化があったようで、この半年間で10kgもやせたという。

 ダイエット法が気になるが、彼女が言うには、「多忙ゆえ」だそう。岡田さんが出演した番組数は2020年上半期だけでなんと267本。たしかに「超」がつくほどの忙しさだ。

「忙しくて食事をとる時間もないのかもしれませんが、きちんと食事を摂っていても頭を使っている人は、糖質を消費するのでやせやすい。また、他人から注目されると自律神経が緊張し、体の代謝が上がるので、カロリーを消費しやすくなる。人は“見られるだけ”でやせることもあるんです」(馬渕さん)

 いわば「テレビに出ずっぱりダイエット」。2人とも真似が難しい方法だが、彼女たちの“やせぶり”を目標にして、コロナ太り解消に取り組みたい。

関連キーワード

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン