芸能

『西部警察』伝説 壊した車両は1話あたり平均20台

『太陽にほえろ!』でボス役を務めた石原裕次郎さん(左)の最終撮影日には多くの報道陣が押し寄せた

 今でも人気を獲得している刑事ドラマ。昭和の時代に遡ると、『太陽にほえろ!』や『西部警察』シリーズに代表される刑事ドラマで、石原裕次郎さんや渡哲也さんなどの大スターが、時に過激なアクションを披露し、時に涙を誘う名演で魅了した。これらのドラマはいかにして作られたのか。その舞台裏に迫る!

 昭和の刑事ドラマにはどんな作品があったのだろうか。

「テレビ放送がスタートした4年後から刑事ドラマが作られ始めましたが、現在と同様の1時間ドラマの形で放送されたのは、昭和36年から始まった『七人の刑事』と『特別機動捜査隊』。当時は高度経済成長期。地方から集団就職者が押し寄せて東京の人口は急増。団地が次々と建設され、隣人との関係が希薄になり、犯人の素性特定に時間がかかるようになりました。そんな社会背景をもとに犯罪をリアルに描いたドラマが作られるようになったのです」(社会学者・太田省一さん・以下同)

 この流れを変えたのが、昭和47年から14年続いた名作『太陽にほえろ!』だ。

「それまでは犯罪自体をリアルに描いてきましたが、刑事という“人間”にスポットを当てたのはこの作品から。銃を撃つことに戸惑う刑事や犯人の背景に同情してしまう刑事の葛藤や、男同士の友情などを描き、青春ドラマの要素を加えたのです」

 刑事ドラマにアクションと青春の要素を詰め込んだスタイルはその後も受け継がれ、アクションものでは『西部警察』シリーズが大ヒット。

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン