ライフ

懐かしの「夏休みの友」 昭和30年代の内容を振り返る

昭和のころ、夏休みといえばこの宿題だった(提供/富澤瑞夫氏)

 9月に入ってもなお厳しい残暑が続いている。思えば今年の夏は、新型コロナウイルスの感染拡大、遅い梅雨明け、そして40℃に迫る酷暑が列島を襲うなど、例年とは違う様相だった。子どもたちにとっても、夏休みそのものを体感できない異例の夏だったと言えよう。

 夏休みといえば「自由研究」や「読書感想文」などが宿題の代表格だった。それとともに、「夏休みの友」などの学習帳が思い出に残っている人も多いのではないだろうか。

 夏休みの学習帳は、休暇中に自分で勉強できる教材として開発されたもので、戦後は都道府県ごとの教職員組合などが主体となり、ガリ版印刷などで手作りされたものが存在していた。元小学校教師で教育評論家の親野智可等(おやの・ちから)氏が解説する。

「戦後においては、日常的に授業をしている先生が自前で教材をつくるのはとても無理なので、地区ごとに教材をつくる団体があり、そこが手弁当で教材を作っていた。その後、都道府県の教育委員会を中心に作られる地域も出てきました。内容は地域によって異なり、日記や国語や算数などの学習帳を1冊にまとめたものや、それぞれの科目を分けたものが作られました」

 昔の「夏休みの友」の現物から、昭和の子どもたちの生活を覗いてみたい。

 古書店で入手した昭和32(1957)年7月発行、山梨県立教育研修所と山梨県教職員組合が企画・編集した小学1年生向けの『なつやすみのとも』は「もう すぐ なつやすみ せんせいと いっしょに よんだり かいたり いたしましょう」という言葉から始まる。

 実際に鉛筆で子どもらしい文字で書き込まれた本書の元の持ち主は、当時の小学1年生の女の子とみられる。

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン