• TOP
  • 芸能
  • ガチャピンがネットに残した偉業、過去に「さん付け」論争も

芸能

2020.09.17 16:00  NEWSポストセブン

ガチャピンがネットに残した偉業、過去に「さん付け」論争も

フジテレビから出てきたガチャピン

 ガチャピン(5才)がフジテレビの警備員に律儀に敬礼する様子が明らかになった。当サイトが9月15日、報じたもので、誠実すぎる姿は多いに注目を集めた。最近はYouTuberとしても活躍しているガチャピンだが、2000年代中盤、数少ないネットを活躍の場とする著名人(?)だったという。ブログやSNSの黎明期、快進撃を続けていたガチャピンについて、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が振り返る。

 * * *
 ガチャピンは1973年4月2日、『ひらけ!ポンキッキ』(フジテレビ系)の開始とともに生まれたとされるキャラクターで、私とは同学年(でも年齢は42歳差)です。ガチャピンがネットを騒がせたのは『トリビアの泉』(同)で『たべちゃうぞ』という恐怖の歌を過去に歌っていたことをバラされたことがまず一つ。『笑っていいとも!』(同)の『テレフォンショッキング』のコーナーに出演し、一緒に出演した相方のムックと止まらないトークを展開して司会のタモリを置き去りにし唖然とさせるほか、「5才」であることにタモリがツッコミを入れると突然照れ初めて「(理由は)わからないよー」と言う姿が「かわいい」と評判になりました。

 さらには、インターネットの天気番組に登場した際は、クロマキー合成の色がガチャピンと同じ緑色であったことから、ガチャピンが青くなったり透明になる放送事故レベルのハプニングが発生し、共演したお天気お姉さんの松雪彩花さんが機転を利かせてその場を乗り切ったことも思い出深いです。

 しかし、私のようなネットニュース編集者にとって印象的なのは、2006年~2011年にかけてブログとツイッターで「ネタになる」存在としてのガチャピンです。当時、ネット上の騒動や著名人ブログから記事を作ることが多かったのですが、フジテレビのサイトにあった「ガチャピン日記」というブログは日本屈指のPV(アクセス数)を誇るブログでした。

 当時、私がかかわっていたサイトで「ガチャピン評論家」を名乗るライターのジミー・ボーダー氏がガチャピンブログを見続け、それを基に記事を書き続けてくれました。毎度PVは良かったのですが、ガチャピンがムックとともにフジテレビの屋上で対峙する様子をブログに公開したことがあります。この時、あたかも決闘風景に見えたので「ガチャピンとムックがフジテレビ屋上で決闘か」といったタイトルで記事を配信したところ、なんとあのヤフー!のトップに「ガチャピンとムックがけんか」のタイトルでピックアップしてもらえたではありませんか!

ガチャピンさんほどのスーパースターはいるのか?

 そんな形でガチャピンのことを紹介することは多かったのですが、ジミー・ボーダー氏は必ず「ガチャピンさん(5才=恐竜のこども)」という表記をし、「さんづけ」を必ずしていました。氏曰く「ガチャピンさんほど立派な方を呼び捨てにするわけにはいかない」とのことです。一方のムックは「ムック(5才=雪男のこども)」と呼び捨てです。

 我々の記事に毎回「さん」がつくものですから、これをおかしがったネットユーザーが「ガチャピンに『さん』はつけるべきかどうか?」という論争を開始。Q&Aサイト「Yahoo!知恵袋」にこんな質問を投稿しました。

関連記事

トピックス