• TOP
  • ライフ
  • 台風被害 南向きの窓は危険、四方囲まれた家の後遺症も注意

ライフ

2020.10.03 16:00  週刊ポスト

台風被害 南向きの窓は危険、四方囲まれた家の後遺症も注意

南向きの部屋では暴風への対策が必要だという(イメージ)

南向きの部屋では暴風への対策が必要だという(イメージ)

 台風や大雨など、水害が多い日本列島。天災による自宅への被害を防ぐには、何が「壊れる家」で、何が「壊れない家」なのかを知ることが重要だ。

 特に台風の場合は、突風で窓ガラスが割れたり、最悪の場合、家屋が倒壊する事例も報告されている。暴風に関する注意点は何か。

●「南向きの窓」が多い家のリスク

 まず知っておきたいのが、台風では「南からの風」が強くなることだ。元気象庁主任予報官の永澤義嗣氏が解説する。

「台風による風は、進行方向の右側のほうが、左側に比べて強く吹く傾向があります。北上する台風では経路の東側で南からの風が強くなり、北東に進む台風では、経路の南東側で南または南西からの風が強くなります」

 そのため、南向きの窓ガラスは突風で割れやすく、家屋への被害が広がりやすくなる。実際、9月の台風10号では福岡県の県庁舎で窓ガラスが割れる被害が起きたが、「割れた窓はすべて南向きだった」(県庁職員)という。

 災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏が指摘する。

「住宅は外からの強風には強いですが、内圧には弱いため、窓ガラスが割れて屋内に強風が入ると倒壊しやすい。南側に大きな窓があり、塀などの遮蔽物が設置されていない家は危険です。窓ガラスの飛散防止フィルムを貼るなどの対策をしてください」

関連記事

トピックス