芸能

長女が英留学の松嶋菜々子 仕事を調整し「日英往復生活」へ

松嶋菜々子の家庭は

松嶋菜々子の娘は渡英

 反町隆史(46才)が『相棒season19』(テレビ朝日系/10月14日スタート)の撮影に入っていた8月下旬、妻の松嶋菜々子(46才)は、長年の計画をひっそりと実行に移していた。

「松嶋さんと反町さんの間には、今年3月に有名私立中学校を卒業した長女と、同じく3月に同系列の小学校を卒業した次女の2人のお子さんがいます。松嶋さんは教育熱心で、以前からお子さんを留学させたいと口にしていました。その言葉通りに、今年の夏に長女が英ロンドンの学校に留学することが決まっていたんです。

 本来は7月頃から渡英する計画でしたが、新型コロナウイルスの影響でずれ込み、松嶋さんと長女は8月下旬になってようやくロンドン入りできたそうです」(松嶋の知人)

 その頃のイギリスは、第二波の“襲来前夜”といわれていた。

「9月頃から感染が拡大し、現在ヨーロッパ全体が再びパンデミックの様相を呈しています。イギリスは10月3日に1日の新規感染者が初めて1万人を超え、累計の感染者は48万人以上、死者も4万人を超えた。日本の感染者数8万5793人、死者数1599人(ともに10月6日現在)とは比べられないほど感染が広がっている」(現地ジャーナリスト)

 留学は“命懸け”ともいえる状況だが、松嶋が決行したのには、自身の苦い経験があった。

「松嶋さんは、女優になってから英語の大切さを痛感して英会話を始めたのですが、年をとってからの習得は大変だったと話していたことがあります。自分が苦労した分、“娘には早いうちから本場の英語に親しみ、グローバルに活躍する女性になってほしい”と願っていたんです」(前出・松嶋の知人)

 松嶋は留学先の情報収集を重ねてきた。そこで助言を仰いだのが、反町と『相棒』で共演する水谷豊(68才)とその妻・伊藤蘭(65才)。両夫婦は家族ぐるみのつきあいだ。

「水谷さんの娘で、現在は女優として活躍している趣里さんは、中学卒業後、バレリーナを目指してロンドンに留学していたんです。留学させるにあたって、環境や生活面のアドバイスをしてもらっていたようです」(前出・松嶋の知人)

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン