• TOP
  • スポーツ
  • 女子ゴルフツアーを席捲する「ジャンボ軍団女子部」の秘密

スポーツ

2020.10.15 16:00  NEWSポストセブン

女子ゴルフツアーを席捲する「ジャンボ軍団女子部」の秘密

ジャンボ軍団は今も日本のゴルフ界に絶大な存在感を示す

 渋野日向子(21)、畑岡奈紗(21)、勝みなみ(22)、新垣比菜(21)ら、1998年度生まれの「黄金世代」が活躍する女子ゴルフツアーに、今季から「新たな軍団」が参戦した。

 千葉市花見川区に構える尾崎将司(73)の大邸宅。隣接する練習場では、日々「ジャンボ軍団」のゴルファーたちが練習に励んでいる。そこでジャンボの教えを受けた“ジャンボ軍団女子部”の面々がツアーを席捲中なのだ。

 軍団の“女子プロ一番弟子”と呼ばれるのは、先の「日本女子オープン」で初のメジャータイトルを獲得した原英莉花(21)。高校1年の時にジャンボ邸を訪れて弟子入りし、昨年の「リゾートトラストオープン」で初優勝。今季不調の渋野を横目に「黄金世代」のエースに躍り出ようとしている。

 その原を上回るインパクトを与えたのが笹生優花(19)だ。ドライバー平均飛距離280ヤードの圧倒的なパワーで“女タイガー・ウッズ”の異名をとる笹生は、8月の「NEC軽井沢72」で初優勝、さらに次戦の「ニトリレディース」でも連続優勝の離れ業をやってのけ、今季は賞金ランク1位を走る。

「日本人の父とフィリピン人の母を持つ笹生は、昨年の『フジサンケイレディース』で原と練習ラウンドを回った時に、ジャンボの長男で原のマネージャー兼キャディをしていた尾崎智春氏の目に留まり、ジャンボ邸に招かれた。練習場でドライバーを打ち始めると、ジャンボさんは“原より飛ぶぞ!”“どんなトレーニングをしてきたんだ?”と驚き、すぐに門下入りが決まったそうです」(スポーツ紙ゴルフ担当記者)

 2人に続くのがツアールーキーの西郷真央(19)だ。今季の開幕戦と第2戦で連続5位。昨年の日本女子アマチャンピオンで、現役高校生としてプロテストに一発合格。「プロ初優勝は時間の問題」(ツアー関係者)と目されている。西郷は、ジャンボがジュニア育成のために設立した「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」の1期生でもある。

関連記事

トピックス