• TOP
  • 芸能
  • 新川優愛「疲れた時は夫に背中をバーンと叩いてもらうんです」

芸能

2020.10.17 11:00  週刊ポスト

新川優愛「疲れた時は夫に背中をバーンと叩いてもらうんです」

新川優愛が振り返る「家族の味」

新川優愛が振り返る「家族の味」

 女優・モデルとして幅広く活躍する新川優愛。10月17日スタートの『さくらの親子丼』(東海テレビ・フジテレビ系)では新米弁護士の雪乃を演じる。虐待や育児放棄などで傷ついた子供たちが一時的に身を寄せる民間の子供シェルターを舞台に雪乃やスタッフのさくら(真矢ミキ)が子供たちと正面から向き合う。

 多感な年頃に悩んだ自身の経験を振り返り、子供たちの繊細な心に寄り添いたいと語る。物語では親子丼を通じて子供たちに愛を伝えるが、新川にも心に沁みた家族の味があるという。

「同じく、親子丼なんです。実家では祖父母と暮らし、親子丼はじいちゃん担当。私は甘党なので卵をうんと甘くしてくれて、あったかいごはんにのせて『まずは優愛だ』と出してくれて本当においしかった。ばあちゃんのおみそ汁も大好き。自分でも作りたくて材料や作り方を教えてもらったけど、どうしても近付けなくて(苦笑)。

 でもいつか母親になったらこれがママの味になるんだと思い、今はばあちゃんが込めてくれた愛情を感じながら温かな気持ちで作っています」

 大丈夫、あんたたちはひとりじゃない──。劇中ではそんな言葉で絶望した子供たちをそっと包み込む。

「私も精神的に余裕がなくなった時に自分に『大丈夫だよ』と言うと、前向きな気持ちになれます。疲れた時は夫に背中をバーンと強く叩いてもらうんです。澱んだものが外へ“出る”気がして、寝る前に2人でやったりします。作品を観て、つらい想いを抱える人にちょっとでも気持ちが楽になったと感じてもらえたら嬉しいです。雪乃は見守る立場ですがまだまだ未熟で、さくらさんたちからの愛のある言葉にたくさん励まされてもいます」

 子供に寄り添いながら雪乃も周囲の大人に見守られている。役を通じて自身も成長していきたいと誓った。

【プロフィール】
新川優愛(しんかわ・ゆあ)/1993年12月28日生まれ、埼玉県出身。小6から劇団東俳に所属し、『Seventeen』や『non-no』の専属モデルとして活躍。女優としても、多くのドラマ・映画・CMなどに出演。最近では、4月ドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(読売テレビ・日本テレビ系)が話題に。10月17日スタートのオトナの土ドラ『さくらの親子丼(東海テレビ・フジテレビ系)』で新米弁護士・宮部雪乃役を演じる。2021年公開予定の映画『老後の資金がありません!』にも出演。

◆撮影/本誌・藤岡雅樹 取材・文/渡部美也

※週刊ポスト2020年10月30日号

関連記事

トピックス