• TOP
  • 芸能
  • CMで「お兄ちゃん」人気 コロナ禍でおうち時間増とも関係か

芸能

2020.10.28 16:00  NEWSポストセブン

CMで「お兄ちゃん」人気 コロナ禍でおうち時間増とも関係か

CMでの「お兄ちゃん」ぶりが好評の小栗旬

 時代を反映していると言われるCM。コロナ禍で目立つのが、「お兄ちゃん」が登場するCMだ。いったいなぜか? コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 最近、CM界では「お兄ちゃん」が人気だ。その代表ともいえるのが、「味の素 ほんだし」の小栗旬。

 約2年前の「うちのみそ汁が、一番うまい」篇では、疲れた顔で突然やってきた妹(杉咲花)のため、兄(小栗)は、ありったけの野菜を入れた美味いみそ汁を作ってやる。うーん。いいお兄ちゃんだ…と思っていたら、この秋から、「うちの満菜みそ汁」篇に次男(神木隆之介)も登場。弟もいたんかい。いきなりやってきた兄の部屋に「女の靴?」と興味津々の次男だが、それが妹だとわかると「なんだお前か」。そして、妹と揃って兄に「ごはん、まだ?」と言い出す。

 一方、「コミックシーモア」CMでは、竹内涼真が中条あやみのお兄ちゃんに。ソファに座った妹は、隣の兄がスマホを見つめる気にかかる。「私の兄はマンガに夢中」。読みたいマンガがじゃんじゃん見つかることを兄に教えられると、「そ。」「りょ。」と心の声(?)で会話する。

 そして、妻夫木聡は「ジャンボ宝くじ」で5人兄弟の“ジャンボ兄ちゃん”こと長男サトシに。長女リホ(吉岡里帆)、次男リョウ(成田凌)、三男ユウマ(矢本悠馬)、次女ミオ(今田美桜)とともにワイワイと暮らしている。「ハロウィンジャンボ宝くじ」CM「ジャンボ兄ちゃんルーレット」篇では、「ハロウィンジャンボマーン!」と呼ばれて出てきたリョウが、全身に宝くじがひらひらする不思議過ぎる姿で全員が沈黙…。

関連記事

トピックス