• TOP
  • スポーツ
  • 1991年、古田vs落合の首位打者争い 「1試合6四球」の裏側

スポーツ

2020.11.01 07:00  週刊ポスト

1991年、古田vs落合の首位打者争い 「1試合6四球」の裏側

古田のチームメイトだった広澤克実氏が当時を振り返る(写真/共同通信社)

古田のチームメイトだった広澤克実氏が当時を振り返る(写真/共同通信社)

 毎年この時期になると、プロ野球の世界ではタイトル争いが白熱してくる。過去には歴史に残るバトルもあった。貴重な証言を紹介する──。

 1991年、ヤクルトの古田敦也が中日の落合博満の打率をわずかにリードして迎えたプロ野球シーズン終盤の直接対決。ヤクルトの野村克也監督は古田を欠場させ、落合にプロ野球新記録となる1試合6四球を与えた。その後の試合で落合が逆転するも、最終戦に出場した古田が再逆転で首位打者を獲得した。当時、古田のチームメイトでこの年の打点王に輝いた広澤克実氏が証言する。

 * * *
 ペナント最終盤に古田の打率が落合さんよりわずかに上だったので、本当は最終戦も休むはずでした。野村さんはああ見えて優しいところがあり、自分も現役時代に激しいタイトル争いをしたので、愛弟子、それも同じ捕手の古田に何とかタイトルを取らせてあげたかったんです。選手も同じで、チーム全員が古田に首位打者を取らせたいと思っていた。

 だからこそ、中日とヤクルトの最終戦では批判を怖れることなく、落合さんを全打席で敬遠した。

 ところが落合さんが広島とのダブルヘッダーで6打数5安打の固め打ちをして、首位打者に躍り出た。古田が再逆転するには最終戦に出てヒットを打たなくてはなりません。

 強いプレッシャーの中、試合前の古田は緊張しながら準備していた。

 迎えた最終戦の1打席目で古田はヒットを放ち、落合さんをわずか3毛差でかわし、見事に首位打者になりました。

 周囲は消化試合で気が抜けていましたが、あの重圧の中、よく打ったものだと思う。

※週刊ポスト2020年11月6・13日号

関連記事

トピックス