• TOP
  • スポーツ
  • 新潟へ移籍のJリーガー 同僚妻へのセクハラLINEが原因か

スポーツ

2020.11.04 15:55  女性セブン

新潟へ移籍のJリーガー 同僚妻へのセクハラLINEが原因か

尊敬する人物は「妻」、好きな食べ物は「妻の料理」だという福田選手(新潟の公式ホームページより)

 Jリーグが佳境を迎える中、プレーとは全く関係のない“場外トラブル”が、脚だけでなく耳が早いJリーガーの間でまことしやかに囁かれていた。

「彼は2019年12月、6年強プレーしたサガン鳥栖から湘南ベルマーレに移籍しました。チームの中心として長く活躍することを期待されていましたが、加入からわずか7か月あまりで、今度はアルビレックス新潟に移籍。その裏には、どうもイザコザがあったようで……」(サッカー関係者)

 Jリーグでは10月に入り、不祥事の発覚が相次いでいる。ベガルタ仙台では、所属選手が交際女性へのDVで逮捕、アルビレックス新潟とガンバ大阪では外国人選手が酒気帯び運転をして問題に。これにJリーグトップの村井満チェアマン(61才)が「社会の迷惑になるならJリーグが存在する意味はない」などとコメントを出す事態となった。そんな中、新たに発覚したのが冒頭のトラブルだ。湘南を去ることになったのは福田晃斗選手(28才)である。

「福田選手は、鳥栖時代には主将も務め、元スペイン代表のフェルナンド・トーレス選手の来日初ゴールをアシストした名パサーです。その彼がスピード移籍となった理由は、湘南でチームメートだった後輩A選手の妻・BさんへのセクハラLINEだったといわれています」(スポーツ紙記者)

 福田選手は、鳥栖在籍時代の2016年10月に結婚し、現在2児の父である。A選手とともに今季開幕戦ではスタメン出場し、チームを支える存在だった。

「福田選手は鳥栖時代に共通の知人を介した食事会でBさんと知り会い、定期的にメッセージのやりとりをするようになったそうです。問題のセクハラLINEは湘南入団後の話で、福田選手は“パンツちょうだい”“アウェイに持って行きたいからはいたストッキングを送ってほしい”というようなメッセージを送り、Bさんが無視すると“会いたい”と立て続けに連絡したといいます。困ったBさんはA選手に相談したそうです」(前出・サッカー関係者) 

 5才以上年の離れた先輩が、自分の妻にセクハラLINEを送っていた──A選手のストレスは想像に難くない。

関連記事

トピックス