国際情報

FOXも手のひら返し!? 「トランプの口封じ」が始まった

四面楚歌でも徹底抗戦の構え(AFP=時事)

四面楚歌でも徹底抗戦の構え(AFP=時事)

 トランプ大統領の生命線は「口」である。不動産王であると同時に、テレビタレントとして知名度を上げた同氏は、4年前の大統領選挙当時から、大衆を熱狂させ、扇動する話術に類まれな才能を見せた。4年の任期のなかでは、Twitterでの発信と、「トランプ・チャンネル」と呼ばれるFOXニュースの強力なサポートで、世界から顰蹙を買うような無理筋の政策も強引に押し通してきた。が、その「口」がついに塞がれようとしている。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏が、アメリカの重大な変化をリポートする。

 * * *
 11月3日の投票日、テレビ各局が選挙特番で視聴率を競っているなかで、キイ・ステートの一つとされていたアリゾナ州で「トランプ敗北」をいち早く報じたのはFOXニュースだった(この件はすでにNEWSポストセブンでリポートした)。トランプ・チャンネルとまで呼ばれる同局が真っ先にトランプ氏の劣勢を伝えたことに筆者は驚き、その分析を番組で披露した予測チームの責任者アーノン・ミシュキン氏はクビになるのではないかと書いた。案の定、その報道を見てトランプ氏が激怒したという話が翌日の新聞で伝えられた。

 この小さな、しかし明らかに異様な出来事には、後日談と、そして知られざる伏線があったようである。まず後日談だが、トランプ陣営もやはりこの“スクープ”をおかしいと感じたようで、ミシュキン氏について緊急調査が行われた。つまり、「民主党の回し者ではないか」という嫌疑だ。その結果、確かにミシュキン氏は民主党の一部議員に献金していたことがわかった。陣営は、ミシュキン氏が2000年以降、4500ドルを政治献金しており、そのうち500ドルが共和党に、残りの4000ドルが民主党に対するものだったと公表した。

 メディア選挙、メディア政治が意識されるようになったクリントン時代以降、アメリカの政界では、自分に何か不利なことが起きた場合は、素早く行動し、事実を把握し、すぐさま公表することが基本原則になっている。だからこそ、脱税疑惑のトランプ氏が納税記録をいつまでも公表しないことや、バイデン氏がファミリー・ビジネスで不正にカネを受け取っていない証拠を出せないことが有権者の失望を招いているのである。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト