国際情報

FOXも手のひら返し!? 「トランプの口封じ」が始まった

トランプ支持者たちの怒りは収まらない(AFP=時事)

トランプ支持者たちの怒りは収まらない(AFP=時事)

 それにしても、仮にミシュキン氏が民主党びいきだったとしても(上記の献金だけでそう断じるのはやや乱暴だが)、それを隠して彼の一存で「トランプ劣勢」を発表したとは考えにくい。そこに「伏線」が感じられるのである。筆者は選挙当日、あえてFOXニュースを中心に選挙特番を見ていたが、奇妙に感じたのは、トランプ氏の「首席補佐官」とまで言われていた人気アンカーマンのショーン・ハニティ氏の出番が明らかに少なかったのも奇妙に感じられた。トランプ氏とFOXの関係に変化があったのだろうか。

 非常に興味深いものを見つけた。選挙直前の10月27日のトランプ氏のツイートである。

《The biggest difference between now and 2016 is @FoxNews. They are a whole different deal. Despite this, our campaign is doing much better, with bigger crowds and even more (much!) enthusiasm, than we had in 2016. Big Debate & SCOTUS Win! Real Polls have us winning everywhere!》
(現在と2016年の大統領選挙の最も大きな違いはFOXニュースだ。FOXと我々は全く異なった関係にある。それにも負けず、有権者は2016年よりも多く集まり熱狂している。討論会も最高裁も世論調査でも、我々はどこでも勝てる!)

 ずっと蜜月が続いていたトランプ氏とFOXには、選挙前から亀裂があったようである。その後の動きを考えると、もともとFOXと良好な関係にある共和党の上層部が、選挙前から「トランプ切り」を考えていた可能性が高い。共和党重鎮たちは、選挙結果がバイデン勝利に傾くと、相次いでトランプ批判を始めた。トランプ氏の法廷闘争や敗北を認めないとする姿勢にも賛同していない。トランプ氏を「しっぽ切り」することで自分たちが生き残ろうという戦略に転換したのだろう。

 さらに、頼みのTwitterなどのSNSでも、トランプ氏の発言を非開示にしたり、トランプ支持者のアカウントを停止したりするなど、強硬な措置が取られるようになった。

 アメリカは「トランプを黙らせろ」という影なる力学で動き始めている。ただし、トランプ氏を7000万人以上の有権者が選んだことも事実だ。バイデン氏の得票との差はわずかである。強権でトランプ氏の口を封じれば、ますます暴動や混乱の危険も高まるだろう。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン