ライフ

【香山リカ氏書評】物を集めてしまう人に寄り添う「処分法」

『ジジイの片づけ』著・沢野ひとし

『ジジイの片づけ』著・沢野ひとし

【書評】『ジジイの片づけ』/沢野ひとし・著/集英社クリエイティブ/1600円+税
【評者】香山リカ(精神科医)

「イラストレーター・沢野ひとし」という名前にピンと来なくても、「椎名誠さんのエッセイの挿絵」と言えば、シンプルで味のある絵を思い出して「あの人か」となるだろう。その沢野氏もすでに70代半ばになり、出した新著はなんと「片づけ」の本だ。

「モノの片づけは、心の片づけでもある」というまえがきに、乱雑なわが家をのぞかれた気になり首をすくめる。しかし、心配はいらない。その後から始まる本文では、モノを愛してつい集めてしまう人にもやさしく寄り添いながら、具体的な片づけ法が指南される。

 たとえば、著者は「洋服タンスは小さくて良い」と言う。とくに会社勤めが終わった男性は、高価なワイシャツもズボンもいらない。服を処分するのは勇気がいるが、「今後の衣服は少数精鋭で前へ前へと進もう」「どんどん処分していくと、あれこれ心配していた人生の悩みまでもがしだいに薄らいでいくものだ」と著者が背中を押してくれる。

 こんな具合に引き出し、冷蔵庫、床下収納庫などの片づけ法が次々に語られるのだが、ときどきペーパーナイフ、原稿用紙などはなかなか捨てられないという打ち明け話もしてくれるので、そこで読者はほっとひと息。そしてさらに共感できるのは、片づけ魔にも見える沢野氏だが、妻や子どもたちはそうではないということだ。

 とくに教員をしてきた妻はモノの処分を持ちかけると、「耳を両手でふさぎ、逃げてしまう」という。教員時代の思い出のモノを処分されるのは「身を切られるがごとくつらいものなのか」とそんな妻にもやさしい目を向ける。片づけ好きの妻にいつも叱られている男性読者は、逆に本書で「なぜ妻はモノを処分したがるか」と学んでほしい。

 片づけ法から、高齢期をいかに前向きにさっぱりと生きるか、夫婦はどうあるべきかをユーモアたっぷりに語ってくれるこの本。私はすでに3冊購入し、周囲の男性たちにプレゼントしまくっている。読めばその気持ちもわかってくれるはずだ。

※週刊ポスト2020年11月20日号

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト