芸能

米で1位、1億再生…知っておきたい紅白初出場9組の基本情報

今回の初出場は9組

今回の初出場は9組

 一年を締めくくる『NHK紅白歌合戦』。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、史上初となる無観客で行われるが、いまの日本を代表する出場アーティストたちが決定し発表された。初出場組はどんな顔ぶれなのか? 『第71回NHK紅白歌合戦』今回の初出場は9組! 放送を前に今一度一緒に予習しましょう!

●NiziU

 オーディション番組『Nizi Project』から誕生した9人組グローバル・ガールズグループ。プレデビュー曲『Make you happy』は全世界でリリースされ、“なわとびダンス”が社会現象に。12月2日に正式デビュー予定。

●BABYMETAL

 結成10周年のメタルダンスユニット。アルバム『METAL GALAXY』(2019年)が、ビルボードトップ200のロックアルバムチャートでアジアアーティストとして史上初となる1位を獲得。近年はワールドツアーを行うなど海外での評価が高く、世界各国へ活躍の幅を広げている。

●milet

ドラマ主題歌にもなった『inside you』で昨年3月にメジャーデビュー。ハスキーで伸びのある唯一無二の歌声を持ち、桑田佳祐(64才)が自身のラジオでその実力を認め話題に。会見では「私のことを1ミリでも知っていただけたらうれしい。何を歌っても、この声を覚えてほしい」とコメント。彼女の歌声であなたも骨抜きにされるかも?

●JUJU

「フレッシュな顔ぶれのなか、まったくフレッシュではなく、場違い感が半端ない」と本人が話すように、今年がまさかの初出場となったJUJU。4月に発売したベストアルバム『YOUR STORY』が売り上げ枚数15万枚を突破し、アルバムランキングで1位を記録。優しく寄り添い心に沁みる歌声が、コロナ禍で疲弊した人々を癒してくれた。

●櫻坂46

「欅坂46」から10月に改名したばかりのガールズグループ。昨年まで“欅坂”として4年連続で出場しており、改名直後に出場が決定したのは異例。「欅坂で出さなかった、新しい櫻坂の一面を知っていただけるようにパフォーマンスしたい」と、ステージの見どころを力強くアピール。

●Snow Man

 アクロバティックなパフォーマンスが持ち味の9人組アイドルグループ。今年1月にデビューし、10月に発売したセカンドシングル『KISSIN’ MY LIPS/Stories』がデビュー作に続きミリオン達成。「自分たちなりのパフォーマンスをたくさんの人に届けたいと思います」と意気込んだ。

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン