芸能

小林麻耶の夫による「麻央さんで炎上商法」に梨園関係者激怒

見つめ合って楽しそうに笑うふたり(2018年7月)

見つめ合って楽しそうに笑うふたり(2018年7月)

 愛する人と一緒に笑っていたい──誰しもが持つその思いも、平和な内容で笑うからこそ。自らの出処進退であったり、恨み言を言いながら夫婦で笑い合う様は、寒気がするほどの異様さを帯びていた。

 それはあまりにも衝撃的な言葉の連続だった。

《あなたたちも殺人犯と同じです》
《とにかく自分たちのせいで麻央ちゃんが死んだことに関してどのようにお考えか》
《麻央ちゃんを死なせた人たち、麻耶ちゃんを苦しめている人たち。その人がのうのうと生きているのは許されるべきではありません》

 過激という表現でももの足りなく感じるほどの言葉を、小林麻央さん(享年34)の名前とともに放ち続けるのは、小林麻耶(41才)の夫で整体師の國光吟氏(37才)。11月10日、YouTubeの生配信で、ゆっくりと、画面越しの見えない第三者を糾弾する國光氏の語り口調は、さながら教祖だ。梨園関係者が語る。

「世間では、立川志らくさんへの批判動画や、夫婦が所属していた事務所社長を名指しで批判する動画が注目されているでしょうが、私たちの間ではこの動画の方が問題になっています」

 麻耶がレギュラー出演していた『グッとラック!』(TBS系)を11月12日で突然降板し、その背景をケラケラと笑いながらYouTubeで語った夫妻に、さまざまな視線が注がれている。麻耶はスタッフからいじめられていたと語り、テレビ局は全面否定。言い分は対立しているが、その日のうちに、所属事務所との契約終了が発表された。

 それよりも梨園の間で問題視されるのが、前述の“麻央さん動画”だ。

「麻耶ちゃんならともかく、関係性の薄い國光さんが麻央ちゃんの名前を使って自らの主張を通したことに閉口しました」(前出・梨園関係者)

 そういった批判が出ることを意識したのだろう。

《僕が麻央ちゃんの名前を出すことに文句を言う人もいるでしょう。大きなお世話です》

 こう予防線を張り、

《生きていれば妹だった人です》

 と、続けるのだ。別の梨園関係者は怒りで震えが収まらない。

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン