今浪は選手から「ナミさん」と呼ばれている。これは監督と呼ばせると選手が委縮して、コミュニケーションに弊害が生じると考えた今浪の発案で、選手に決めてもらったという。現役時代の経験に加え、メンタルコーチとして学んだ知識や理論が指導理念に裏打ちされている。そのお陰もあって練習中は今浪、コーチ、選手が笑顔で声を掛け合う姿が目立つ。

「アマチュア特有の理不尽な上下関係に悩まされた部員も少なくない。ピリピリしたほうが効果的な時がありますが、楽しみながらやった方が上達すると考えています。ミーティングも10分以内に終わります。試合中のミスもチームで共有するだけで全員の前で指摘しません。本人が一番責任を一番感じていますから。個別で注意した方が効果的です」(今浪)

 監督を引き受けた今浪だったが、実は軟式野球の経験がなく、最初は戸惑った。軟式球は叩きつければ大きく弾むため、相手チームの3塁走者がエンドランのサインで走ってくる。初めて仕掛けられた際は、「何が起きたんだ」と面食らったという。今浪が振り返る。

「最初は野球に対して身体もストレスを感じたのでしょう。よく蕁麻疹が出ていたのですが、今は出なくなった。部員が10人しかいないので、ケガ人が出たときは僕が出場したり。色々楽しくやっています」

 創部1年目の今年はコロナ禍で公式戦が軒並み中止となったが、3月に開催された台東区春季大会を勝ち抜いて、東京都軟式野球連盟秋季大会でベスト4に進出。「全国大会も十分に戦える」と手応えをつかんだ。選手もその思いは共有している。

 投打の中心として期待される城島は「野球から離れようとしたとき、こうして拾ってもらった。今浪さんに感謝の思いしかないです。アドバイスも的確でまだまだ野球がうまくなっている実感がある。軟式野球で日本一になって今浪さんを胴上げしたい」と新たな目標に向けて目を輝かせる。リードオフマンの近澤も「今浪さんや会社のおかげで野球を続ける環境を頂いて今は幸せです。仕事で貢献することは当然ですが野球でも日本一になりたい」と誓う。

●取材・文/平尾類(フリーライター)

関連記事

トピックス

2017年「侍ジャパン」の新ユニフォームを披露した筒香(時事通信フォト)
《元侍ジャパン主砲》筒香嘉智、現在の姿に衝撃走る かつては「牛のように食べる子供だった」男が激痩せする理由
NEWSポストセブン
芸能界追放危機の木下ほうか
《女優への性加害報道》木下ほうか、550万円損害賠償訴訟を取り下げていた 「法廷の場で明らかにさせていただく」から一転
NEWSポストセブン
天海祐希
天海祐希“何度目かの大ブーム”が到来中 ナイスキャプテンシーな言動による伝説の数々
女性セブン
猿之助の両親の死因は向精神薬の摂取による中毒死とされている
市川猿之助が“遺書”で宛てた付き人兼俳優 騒動後も平然と明治座に現れる姿に「恐ろしく精神の強い人」の声
女性セブン
松本人志に相手にされる芸人と、相手にされない芸人の差はどこにあるのか
松本人志に噛みつくお笑い芸人 反応してもらえる中田敦彦とスルーされる村本大輔の違い
NEWSポストセブン
元タレント・上岡龍太郎さん(2000年3月撮影、時事通信フォト)
《逝去》上岡龍太郎さん、58歳で潔く芸能界を退いた“男の美学”「僕の芸が通用するのは20世紀まで」「老いさらばえた姿を見せたくない」
NEWSポストセブン
羽生
羽生結弦、あふれる地元愛 仙台市内のマンション最上階2部屋を2億円で購入 父の退職を機に家族で転居
女性セブン
2010年、外国人記者クラブで会見するリナ氏。当時はプラダジャパンで部長を務めていた(写真/AFP=時事)
「ピンクの猫好きプリンセス」返金トラブルの高級スクール創立者、家賃滞納の裏で「ビバリーヒルズ移転」「16歳の息子に代表交代」
NEWSポストセブン
京香の愛犬を散歩させる長谷川博己
長谷川博己、体調不良で降板の鈴木京香の自宅に通う日々“ほぼ同棲状態”で京香の愛犬を散歩する姿も
女性セブン
薮宏太の舞台を鑑賞し終えた有岡
有岡大貴と松岡茉優、交際7年目の変化 「同じマンションの別々の部屋デート」から「通い愛」へ
女性セブン
三笘薫(左)の妻・クリアさんはどんな人?(写真/AFLO)
三笘薫が初披露した妻・クリアさんは三段跳び高校日本一のガチアスリート 出会いは大学の推薦入学組仲良しグループ
週刊ポスト
横浜地裁
「陰毛を剃るためのカミソリも持参」懲役30年を求刑された横浜・5人連続レイプ魔の“鬼畜過ぎる”計画性
NEWSポストセブン