• TOP
  • ライフ
  • 現代の必需品マスク デザイン・素材別メリット&デメリット

ライフ

2020.11.23 16:00  女性セブン

現代の必需品マスク デザイン・素材別メリット&デメリット

aa

鼻・頬・あごにフィットしやすい「立体タイプ」のマスク(イラスト/飛鳥幸子)

 いまや外出時の必須アイテムであるマスク。マスクに問題があればウイルス感染を予防することもできない。そこで、マスク選びの達人に、安心・安全なマスクの選び方を教えてもらった。

「感染予防や衛生面でおすすめなのは不織布製です」と話すのは、衛生用品メーカー、ユニ・チャームの渡邊仁志さん。

「不織布製の場合、パッケージに日本衛生材料工業連合会の品質基準を満たす証『全国マスク工業会』のマークがついているものを選べば安心です。また、“99.9%カット”など明記されているものは、PM2.5(2・5マイクロの微粒子)をブロックするという意味。健康被害を及ぼす異物を極力カットできることを表しています」(渡邊さん)

 つけ心地など、各マスクのメリット・デメリットは以下の通り。自分に合った一枚を選んで、快適なマスク生活を送ろう。

【デザイン】
●プリーツタイプ
メリット=自分の顔のサイズに合わせやすい。異物に対するフィルター性能を考慮して設計されている。

デメリット=表裏・上下を理解してつけないとフィルターの効果が充分に発揮されない。

●立体タイプ

メリット=立体構造のため、口元に空間ができやすく、話がしやすい。口紅なども付きにくい。鼻・頬・あごの3点がフィットしやすい。

デメリット=顔にフィットしないと隙間ができやすいため、サイズ選びが重要に。マスクの形状が独特なので好みがわかれる。

【素材】
●不織布
メリット=使い捨てで衛生的。パッケージにウイルス、細菌、花粉などが何%カットできるのか表示されており、機能が理解しやすい。

デメリット=マスクにもよるが、長時間の装着で耳裏が痛くなりやすい。口元に素材が接触しやすく、メイクなどが付くこともある。

●布
メリット=シルク、綿、ポリエステルなど、好みの肌ざわりを選べる。繰り返し使えて経済的。デザインも豊富。

デメリット=ある程度の自分の飛沫は防止できても、隙間や繊維の間から、相手からの飛沫、ウイルス、細菌などが入ってしまう。

取材・文/前川亜紀

※女性セブン2020年12月3日号

関連記事

トピックス