芸能

河村隆一、週4ジム通い ライブ成功の秘訣は鍛え上げた肉体

ソロライブを開催

ソロライブを開催した河村隆一

 11月中旬、東京・中野サンプラザの関係者出入り口。ソロライブ「Ryuichi Kawamura Live2020」を終えて帰路につくアーティスト・河村隆一(50才)の姿があった。年齢を感じさせないスマートな体型は、ロックスターのオーラが漂う。河村をよく知る音楽関係者は「ライブでの美声も絶好調で、本人も“やっぱりライブはいい、最高だね”と語っていました」と明かした。

 2019年1月に、肺腺がんの手術を受けたことを発表。ファンや音楽業界に衝撃が走ったが、河村を“神”と仰ぐ元ミス日本グランプリの妻の献身的な支えもあり、すぐにソロツアーで復帰。そのまま5月のLUNA SEA30周年ライブにも復帰した。

 早期復帰には、本人のたゆまぬ努力もあった。

「健康だけでなく美意識も高い河村さんは、ストイックなほどの筋力トレーニングを日課にされているんですよ」(前出・音楽関係者)

 河村は、腹腔鏡手術でがんを摘出。術後は、大きな歌声を出すと肋間神経が痛むという後遺症に悩まされた。しかし、「その肋間神経の痛い箇所をわざと刺激しようと、声を出しながら足を上げる腹筋トレーニングで鍛えまくりました。そうするとほかの神経が補うのか、痛みがほとんどなくなったんです」と本人がスポーツ紙のインタビューで明かしている。

 肺活量こそは約10%は落ちたが、週4回のジム通いもあって、体力は今でもばっちり。「その日その日、全てを出し切るつもりでステージに立てば、昨日より今日、今日より明日と自分を超えていける。病気をして強くなったと思います」とも話している。

 今年は新型コロナウイルス禍があり、2月以降はコンサートを控えていたが、今後も11月末から12月上旬にかけては、ソロでのライブハウスツアー。年末はLUNA SEAでさいたまスーパーアリーナ。大晦日にはヒューリックホール東京でのカウントダウンライブ、年明け1月からもバンド結成30周年記念ツアーの振替公演と、精力的に活動していく。新型コロナが猛威を振るう中だが、本人も「当日はコロナウイルス対策をしっかりと行い! 皆さんのお越しをお待ちしております」と万全の対策をブログで約束している。

関連記事

トピックス