国内

新型コロナの嗅覚への後遺症 「肉が焦げた匂いがする」

爆笑問題・田中裕二は回復後も体調不良に悩まされた

爆笑問題・田中裕二は感染から復帰後も嗅覚異常に悩まされたという

「新型コロナウイルスの脅威は肺炎」。そんな単純な話は、いまや昔だ。世界各国の研究によると、新型コロナウイルス感染症には100種を優に超える「後遺症」があるという。しかも、それは重症者、無症状者に関係なく発症しうるというのだ。本当の恐怖は感染後にやってくる──。

 感染者数が日本とはケタ違いの海外では、後遺症についての研究が進んでいる。まず心配されるのが、精神面への影響だ。

 カナダの首都、オタワにあるブリュイエール研究所の研究によると、新型コロナから回復した患者の22~24%に心的外傷後ストレス障害(PTSD)、26~33%にうつ病、38~44%に全般性不安の症状がみられた。回復者のなかには「自殺衝動」が生じた者もいた。

 退院後1か月の患者を対象にした韓国・ソウル大学病院の調査では、10人に1人がうつ病とPTSDを発症した。

「中国の研究では、回復者の6割に睡眠障害がありました。さらに半数が不安に陥り、恐怖心を有するとの結果でした」(医療経済ジャーナリストの室井一辰さん)

 英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究結果はさらにショッキングだ。新型コロナから回復した8万4000人以上を対象に思考能力テストを行ったところ、呼吸器の症状が深刻化して人工呼吸器をつけた20~70才の思考力が、平均で10才老化していた。

 研究チームは、「新型コロナ感染は慢性的な認知力の低下という後遺症をもたらす可能性がある」と警鐘を鳴らす。

 回復者が直面する後遺症は1つだけとは限らない。今年8月、感染から5か月を経て女性セブンの取材に応じた、米ニューヨーク在住でアーティストのハンナ・デービスさんはこう語った。

「回復後、ほぼ毎日のように熱があり、頭痛や耳鳴り、筋肉痛などが消えませんでした。腕や手の感覚が消えて頭はボーっとした感じが強く、立っているだけで心拍数が急上昇することもあった。嗅覚にも異常があり、実際には肉を焼いていないのに、肉が焦げたにおいがすることもあった」

 それから約3か月、ハンナさんが現状を語る。

「発症から8か月経っていくつかの後遺症はだいぶ収まりましたが、記憶障害と血液凝固がここひと月ほどでぶり返し、いまも神経内科、内分泌科、循環器科など複数のクリニックに通っています。いずれの後遺症も決定的な原因がはっきりせず、対症療法にとどまっています」(ハンナさん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン