• TOP
  • 芸能
  • 実は7頭身モデルボディの片桐はいり、熱き仕事への思い

芸能

2020.12.09 16:00  NEWSポストセブン

実は7頭身モデルボディの片桐はいり、熱き仕事への思い

グリーンのスカジャンが映える片桐はいり

グリーンのスカジャンが映える片桐はいり

 インパクトのあるおかっぱヘアに、グリーンのスカジャン、黒のジーンズ姿の長身女性は、11月下旬の都内でのラジオ収録を終えた、女優の片桐はいり(57才)である。テレビや映画で見かけるイメージとは少し違って、172センチの長身でスタイル抜群のモデル体型だ。

 片桐と言えばよく知られているのが、映画館の「もぎり」としての顔。2年前のバラエティー番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)にゲスト出演した際にも、MCのダウンタウンの2人に「趣味で地元の映画館でチケットのもぎりをしています」と話していた。

「女子校生活に馴染めずに、1人で有楽町や銀座の映画館に通うのが日課でした。そのまま映画の仕事がしたくてシネスイッチ銀座でアルバイトを始めたのです」と語っていた片桐。

 女優をしながら、しばらくはもぎりのバイトも7年近く続けていた。有名になってからも、約10年前から出身地である東京・大森の映画館「キネカ大森」で、無償のボランティアとして働いている。『もぎりよ今夜もありがとう』と題するエッセイも出している彼女。同書も映画雑誌『キネマ旬報』の連載をまとめたもので、映画愛に溢れた女優なのだ。

「当てもなく電車に乗って、終点まで読書をする」など、個性的な趣味を持ち、私生活から謎めいている片桐だが、仕事への真摯な取り組み方は、演劇や映画関係者の中でも評判が高い。本人も「昔から自分はどうやって生き残っていけばいいか巧妙に計算していました」と明かしている。

 ある映画プロデューサーは「彼女の根幹は、“人と同じことをしていたら自分は輝かない”という思いなんです。個性派女優として長く活躍し続けたオリジナルなこだわり、自分自身の磨き方はなかなか真似ができるものではないですよね」と称賛した。

関連記事

トピックス