芸能

松任谷由実vs中島みゆき アルバム売り上げバトルの勝者は

ユーミンの楽曲はエンターテインメント、中島は純文学と評される

ユーミンの楽曲はエンターテインメント、中島は純文学と評される

 1998年、2人の女王が火花を散らしていた。ユーミンこと松任谷由実(66才)のアルバム『ノイエ・ムジーク』と中島みゆき(68才)のアルバム『大銀幕』が同時発売されたからだ。メディアから“大戦争”と称された売り上げバトルは、22年の時を経て再び勃発している。

 12月1日、ユーミンの新アルバム『深海の街』は、発売と同時にオリコンデイリーアルバムランキングで堂々の1位を獲得した。ところが翌日、中島みゆきの新アルバム『ここにいるよ』が発売されると、ユーミンの『深海の街』は4位にダウン、中島みゆきは初登場2位となった。

 これまで2人は同世代でライバル関係だと目されてきた。

「22年前は、ユーミンの『ノイエ・ムジーク』が中島さんの『大銀幕』に圧勝。というのも、ユーミンにとっては約20年ぶりのベストアルバムで大注目されていたから。対して中島さんは定期的に出していたという事情があります。それだけに今回の結果が気になるところなんです」(音楽関係者)

 しかし、今回は熾烈なシーソーゲームになっている。

「ユーミンはアルバム発売に合わせて新聞や雑誌のインタビューに応じ、露出をぐっと増やしています。特にテレビ露出は顕著で、1か月足らずで10本も出演している。音楽番組だけでなく、珍しくバラエティーにも出演するほどの力の入れよう。夫の正隆さん(69才)とも共演して、臨戦態勢といったところ。一方の中島さんはテレビはおろか、マスメディアへの露出は相変わらず少ない」(前出・音楽関係者)

関連記事

トピックス