芸能

多部未華子 エレガントなタンクトップ姿で蒼井優とバッタリ──NEWSポストセブン2020年TOP10

夏スタイルの多部未華子が目撃された

 NEWSポストセブンで2020年(1月1日~12月7日)に公開した記事の中から、大きな話題を呼んだ記事トップ10を発表します。第7位は、9月2日に配信した『多部未華子 エレガントなタンクトップ姿で蒼井優とバッタリ』です。主演したNHK連続ドラマ『これは経費で落ちません!』が東京ドラマアウォード作品賞「連続ドラマ部門」優秀賞を受賞した彼女の意外な姿に注目が集まりました。(年齢などは当時)。

 * * *
 都内百貨店の地下駐車場に止まった1台の高級外車。運転席から降りてきたのは多部未華子(31才)だ。背中が大きくあいたブラウンのタンクトップに、ベージュのパンツ、ピンクのサンダルというリラックス感満載のオフスタイル。よく見ると、帽子とバッグはクリスチャン・ディオール、サンダルはエルメスという、さすがヒットドラマの主演女優というエレガントさも忘れない。

 高視聴率を記録した主演ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)では、製薬会社勤務のキャリアウーマン、相原メイを演じる。仕事に追われ、“スーパー家政夫”ナギサ(大森南朋・48才)に家事を丸投げする日々を送るメイ。

 コラムニストの吉田潮さんが人気の秘密を分析する。

「メイは頑張り屋さん。やればできるという周囲の期待を背負って“自分が頑張らなくては”と意気込むほど、追い詰められていきます。働く若い女性のリアルをしっかり描いていて、しかも、そんな悩めるキャリアウーマンを多部さんが嫌みなく演じていることが女性視聴者の共感を呼んでいるのでしょう」

 ブランドショップでスカーフをチェックし、化粧品売り場でマスカラを選んで、デパ地下へ。まるで劇中のキャリアウーマンの休日のワンシーンのようだ。多部が総菜やケーキを眺めていると、スッと近づいてきた1人の若い女性に声をかけられた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン