• TOP
  • 芸能
  • 小林麻耶、1か月で弾けたYouTubeバブル 200万回→5000回に

芸能

2020.12.21 11:00  週刊ポスト

小林麻耶、1か月で弾けたYouTubeバブル 200万回→5000回に

小林麻耶は整体師の夫とYouTubeに励んでいるようだが…(時事通信フォト)

小林麻耶は整体師の夫とYouTubeに励んでいるようだが…(時事通信フォト)

 11月12日に『グッとラック!』(TBS系)を突如降板し、所属事務所も退社。以降、レギュラー番組はゼロとなり、テレビからすっかり姿を消したフリーアナの小林麻耶(41)。活動の主戦場は整体師の夫と一緒に発信するYouTubeチャンネルとなっている。

「スタッフからのいじめを告発した動画は再生回数が200万回を超え、その後も動画をアップするたびに100万回以上の再生回数を稼ぐ“YouTubeバブル”が起きた」(スポーツ紙記者)

 麻耶は当時、チャンネル生配信で降板の経緯をこう説明していた。

「私、昨日の午前中に突然、番組の降板を言い渡されて、今日、番組に出演できないことになりました。ファッションコーナーのスタッフさんからいじめを受けていまして、それに耐えられないので、今週火曜日にあったロケに行かないという決断をしたんです」

 こうした発言について同局は「事実ではありません」と否定。所属事務所も「正常なマネジメント業務を行なうことが困難になった」と発表した。

 業界関係者との信頼関係は崩れてしまったが、一方でYouTubeは視聴回数により広告収入が増えるため、麻耶夫妻は安泰との見方もあった。が、そのバブルは長く続かなかった。

「注目されたのは騒動直後だけで、12月にアップした動画は再生回数5000回程度しかない(12月16日現在)。夫が10分以上にわたって瞑想するだけだったり、夫婦でたわいのない話をする動画ばかりなので、見続けるのは正直しんどい」(別のスポーツ紙記者)

 麻耶の現在について、前事務所に聞いたが「所属タレントではないのでお答えすることはありません」とのことだった。

※週刊ポスト2021年1月1・8日号

麻耶夫妻は今後どう活動していくのか(時事通信フォト)

麻耶夫妻は今後どう活動していくのか(時事通信フォト)

関連記事

トピックス