グラビア

2020年重大ニュース10【グラビア】こ、こ、高級な桃みたい!

競泳水着鑑賞のポイントは「むっちり感」だという

競泳水着鑑賞のポイントは「むっちり感」だという

 2020年も『NEWSポストセブン』では数多くの記事を紹介し続けてきた。その中から編集部が、ネットで反響の大きかった記事を中心に、巷の重大ニュースとは、ひと味違う2020年の「重大ニュース」を厳選した。ここでは【グラビア】編ベスト10を紹介。トップ3の記事については、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。(以下「」内は中川氏のコメント)

グラビア編1~3位

【1位】

■東雲うみ写真集を尻職人・倉持由香が味わい尽くす極レビュー【前後編】(12月)

これぞ「高級な桃」!?

これぞ「高級な桃」!?

「倉持さんといえば、元祖『尻職人』として一世を風靡しましたが、最近では文章も評判ですし、マンションを買ったことを報告するなど、賢い方としても高く評価されております。そんな彼女が、『日本一の美尻グラドル総選挙2020』で1位に選ばれた東雲うみさんのデジタル写真集を監修。監修者である倉持さん自身が、中身の濃いレビューをしてくれました。この記事には、グラビアにも『哲学』が存在することを知らしめてくれたように思います」

【2位】

■人気グラドルたちと行くサウナ4選「ととのいました」(7月)

園都はサウナ歴16年のベテラン

「現在空前のサウナブームと言われております。なんとなく主役は男性というイメージもありますし、男性専用施設も多いですが、そこを女性グラドルが体験する、ということで非常にグラビア映えする企画になったと思います。しかしながら、この記事を読んだ男性が現場を訪れたら裸の男だらけで、『こんな美女、いねーじゃねーかよ!』と文句を言いたくなるかもしれません」

【3位】

■へずまりゅうの元カノ・西つばさ 迷惑男との出会いと別れ(12月)

自責の念があるという西つばさ

自責の念があるという西つばさ

「今年は『迷惑系YouTuber』という言葉が一般用語として流通することになりました。その“第一人者”であるへずまりゅうの元カノ(とはいってもそこまで長くは付き合っていない)の告白は大きな反響を呼び、彼女がなんであんな男と付き合っていたのか……といった疑問まで抱かせた。へずまりゅうは2回も逮捕されるなどとんでもない人物ではありますが、人々はなぜか彼に惹きつけられてしまうのでしょうね。彼が今後どう化けるのか、そして西さんがその時何を言うのかが待ち遠しいです」

以下、4~10位

【4位】■グラビアスターを多数輩出した2人の社長、初対談で戦略語る(6月)

細川ふみえは「ふーみん」の愛称で親しまれた(撮影/山岸伸)

【5位】■高宮まり×岡田紗佳グラビア 攻撃型の打牌のように胸元を…(10月)

役満ボディが再び

役満ボディが再び

【6位】■『カメ止め』しゅはまはるみがRIZAPで14.7kg減、初グラビア(7月)

『カメ止め』女優が魅せた

【7位】■大人の階段をのぼっていた頃の川口春奈、カメラ見つめる姿(7月)

大人の階段を上っていた当時の川口春奈

【8位】■柏木由紀「30歳までアイドル宣言」の大人水着グラビア(2月)

ゆきりんが登場

【9位】■美人Uber配達員 「一緒に食べませんか」と誘われることも(11月)

美人すぎるUber Eats配達員・堀みづき

美人すぎるUber Eats配達員・堀みづき

【10位】■B100グラドル総選挙【最終結果発表】 優勝は?(6月)

ちとせよしのさん

見事1位を勝ち取ったちとせよしのさん

関連キーワード

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン