• TOP
  • スポーツ
  • 門田博光が告白「ノムさんが僕を三悪人の一人と呼んだワケ」

スポーツ

2020.12.29 07:00  NEWSポストセブン

門田博光が告白「ノムさんが僕を三悪人の一人と呼んだワケ」

野村氏と門田氏の名コンビは最後までファンを魅了した(時事)

野村氏と門田氏の名コンビは最後までファンを魅了した(時事)

 2020年2月に亡くなった野村克也氏の教え子8人が、『週刊ポスト』(2020年12月21日発売号)で師の教えと思い出を語っているが、球界に多くの名言を残したノムさんだけに、教え子たちの証言も尽きない。同誌に収録できなかった未公開証言をNEWSポストセブン読者にお届けする。

 同じく週刊ポストでノムさん語録を語っている江本孟紀氏とともに、野村氏から南海時代の「三悪人」と呼ばれた門田博光氏は(もう一人は江夏豊氏)、1969年にドラフト2位で入団した。最初のシーズンとなった1970年は、ちょうど野村氏がプレイングマネージャーに就任した監督1年目の年だった。すぐに野村氏とともに主軸を打つようになり、通算本塁打は567、通算打点は1678で、いずれも王、野村に次ぐ歴代3位の記録を残した。

 * * *
 ノムさんは、ピッチャーを叱ることはあまりありませんでしたが、バッターの僕は本当によく怒鳴られました。叱られた記憶しかありません(笑い)。

 ただし、入団1年目だけは違ってました。ノムさんも監督1年目で、まだ選手をどう扱っていいかわからなかったのかもしれませんが、入りたての僕を1年早く入団した“法政三羽烏”の富田勝さんと並べて「2人でホークスの真ん中を打つようになってほしい」と言うんです。これはうれしかったですね。(※上記・江本氏も入団したての頃に、野村氏から「エースになれる」とおだてられたエピソードを語っている)

 これはコーチから教えてもらった話ですが、ノムさんから「トミ(富田)とカド(門田)のどっちを取るか?」と聞かれて、その人は「トミです」と答えたら、それに対してノムさんは、「見る目がないな。カドのほうが腰を据えてどっしり構えてるやないか」と言ったそうです。一年坊主ですから舞い上がるほどうれしかった。

関連記事

トピックス