• TOP
  • 芸能
  • 『逃げ恥』4年ぶりも万全 視聴者獲得へ先回りで数々の仕掛け

芸能

2021.01.02 07:00  NEWSポストセブン

『逃げ恥』4年ぶりも万全 視聴者獲得へ先回りで数々の仕掛け

注目が集まる『逃げるは恥だが役に立つ』のスペシャル(公式HPより)

注目が集まる『逃げるは恥だが役に立つ』のスペシャル(公式HPより)

 4年ぶりのみくりと平匡はどんな夫婦のカタチを見せてくれるのか――。放送前から『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)スペシャルの放送に期待が高まっている。その見どころと、番組サイドが繰り出すリアルタイム視聴につなげる数々の仕掛けについてコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 2016年12月20日の最終話から4年あまり。1月2日の21時から、ついに『逃げるは恥だが役に立つ』(以下『逃げ恥』に略)の続編「ガンバレ人類!新春スペシャル!!」が放送されます。

 その内容は、「契約結婚から生まれた恋を経て、みくり(新垣結衣)と平匡(星野源)が結婚を決めてからの日々を描く」「どの夫婦にでも起こりうるさまざまな人生の転機を2人はどう乗り越えていくのか!?」というもの。では、“さまざまな人生の転機”とは何なのでしょうか。

 先行公開されたポスタービジュアルには、赤ちゃんを抱きかかえる2人の姿とともに、「ホルモンバランス」「無痛分娩」「姓名判断」「育休取得ミッション」「(子育てで)VS睡魔」「保活」「職場復帰」「時短勤務」などの出産・子育て関連や、「ディスタンス!毎週火曜のハグは?」「緊急事態宣言」「自粛要請」「パンデミック」などのコロナ関連と思われるキーワードが挙げられています。

 また、「“ある出来事”がみくりと平匡の間を引き裂き、離れ離れの日々を過ごすことになる」という展開が予告されているなど、2時間25分に渡る長尺ドラマだけにその内容は盛りだくさん。脚本を手がけるのは4年前の連ドラと同じ野木亜紀子さんであり、当時も「家事の対価」「多様な生き方の尊重」などの社会派テーマを絡めつつ現在の日本社会をリアルに描いていただけに、続編も期待していいでしょう。

 そして特筆すべきは、放送前のPRがさまざまな角度から徹底して行われていること。放送前の段階からファンを楽しませつつ、リアルタイム視聴につなげるための多彩な策が用意されていることに驚かされます。

放送前からファンを喜ばせる仕掛けを用意

 放送前のPRと言えば、主要キャストが情報番組やバラエティに出演する番宣を思い浮かべる人が多いでしょう。実際、今回の続編でも、昨年12月25日に『あさチャン!』『グッとラック!』『ぴったんこカン・カン クリスマススペシャル』、26日に『王様のブランチ』などで番宣が行われ、放送当日にも『ニンゲン観察バラエティ モニタリング 謹賀新年スペシャル』でのPRが予定されています。

 ただ、このような普通の番宣だけではないのです。

 まず4年前のドラマを「全話一挙放送SP」と題して、1月1日の14時30分~16時30分、2日の5時40分~11時50分と12時~15時に放送。2日21時からの続編放送に直結させるような番組編成で流れを作っています。

 ただ4年前のドラマは、新型コロナウイルスの感染拡大で『私の家政夫ナギサさん』の撮影が止まった影響を受けて昨年5月~7月に『逃げるは恥だが役に立つ ムズキュン!特別編』が放送されたばかり。その終了からまだ半年程度であるにも関わらず、また再放送をする徹底ぶりに、作品への自信と意欲を感じさせられます。

 制作サイドは、さらに下記のような放送前の仕掛けを用意していました。

・TwitterやInstagramで「10月初旬のクランクイン」「12月1日のポスタービジュアル解禁」「津崎家新ハウス公開」などの事前情報を放送3か月以上前からこまめに発信。「放送まで、あと〇日!」のカウントダウンを絡めた投稿は、何度もネットニュースにピックアップされている。

関連記事

トピックス