ライフ

冬青空を貫く冠雪、4つの富士山絶景 威風堂々たる姿で人々を魅了

いつの時代も変わらずそこにある偉容は頼もしい(写真は冨士海岸)

いつの時代も変わらずそこにある偉容は頼もしい(写真は冨士海岸)

 標高3776メートルの富士山は古くから霊山と崇められ、畏敬の念と憧憬の念を日本人に抱かせてきた。縁起物としても親しまれ、年賀状のイラストや写真、初日の出、初夢など、富士山を見て新年を迎えることに幸せを感じる人も多いだろう。

 美しさや偉容に魅了されるのは日本人だけではない。富士山が世界文化遺産に登録された2013年以降は、インバウンド(訪日外国人)需要も重なり、訪れる海外の人々がさらに増加していった。一昨年までは例年、旧正月にあたる2月の「春節」の時期にとりわけ大勢の中国人観光客が日本を訪れ、雪景色が美しい富士山の撮影スポットにも押し寄せていた。

 新型コロナウイルスの感染拡大が始まった1年前に続き、収束の兆しがみえない今年の冬も彼ら外国人観光客たちの姿は裾野にはない。コロナ禍以前の賑やかさを取り戻すのは、果たしていつになるのだろうか──。人々が集う富士山の風景をお送りする。

●富士海岸(静岡県富士市・沼津市)

 高潮や高波に備え、富士川河口から沼津市に至る富士海岸には約20キロにわたる防潮堤が築かれている。富士市側の堤防は高さ17メートルにも及ぶ。

●忍野八海(山梨県忍野村)

「忍野八海」は、富士山の伏流水を水源とする湧水池

「忍野八海」は、富士山の伏流水を水源とする湧水池

 世界文化遺産の構成資産の1つである国の天然記念物「忍野八海」は、富士山の伏流水を水源とする湧水池。富士修験の霊場でもある8つの池からなり、八海一の湧水量を誇る「湧池(わくいけ)」から望む富士山の秀麗な姿は海外にも知れ渡る。コロナ禍前は大勢の訪日外国人が押し寄せた。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン