国内

コロナ対応、「自粛で封じ込めからの特大経済対策」の順番が肝要

コロナ対策と経済活動促進をどう考える?(AFP=時事)

コロナ対策と経済活動促進をどう考える?(写真/AFP=時事)

 新型コロナウイルス対策をめぐり常に議論なるのが「経済優先」か「封じ込み優先」かだ。埼玉学園大学経済経営学部教授の相澤幸悦氏に見解を聞いた。

 * * *
 政府の新型コロナ対応は、「感染を抑えながら、経済を回す」というものでした。それができれば理想ですが、コロナ対策と経済活動促進は、現実として両立しないことは普通に考えればわかるでしょう。

 だとすれば、今はまず感染拡大の封じ込めに注力し、抑え込むまで徹底的に自粛を行なうほうが妥当だと思います。

 もともと政府は、昨年の9月までにコロナが収まることを想定していたはずです。支援金や協力金、補助制度で持ちこたえ、9月に大規模な経済対策を講じて一気に景気をV字回復させるという胸算用だった。

 が、現実にはそうはならなかった。それ以降、政府の腰が定まっていないように見えます。

 政府が今やるべきことは、ロックダウンは無理だとしても、でき得る限りの外出制限です。4月の緊急事態宣言では、どうしても夜の飲食店の営業自粛が徹底できなかった。自粛してもらうにはやはりお金を出してあげねばならない。ここにこそ逐次投入ではなく、本格投入する。それによって新型コロナ感染を抑え込む。抑え込んだ時点で経済対策を講じる。これが誰の目にもわかりやすいV字回復戦略だと思います。

 自粛に関しては、ネガティブな印象しかありませんが、意外にそうではないかもしれない。これまでの歴史を振り返ると、危機、窮地の中で新たなイノベーションが生まれ、その後の経済に寄与してきた。コロナ自粛の間に、「ポストコロナ経済」のヒントが現われるかもしれません。

※週刊ポスト2021年1月15・22日号

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン