ライフ

【書評】「季語のとりこ」になった川上弘美氏の俳句エッセイ

『わたしの好きな季語』著・川上弘美

『わたしの好きな季語』著・川上弘美

【書評】『わたしの好きな季語』/川上弘美・著/NHK出版/1700円+税
【評者】嵐山光三郎(作家)

 季語は連歌や俳句の季節を示すための言葉で、朝寝は春、団扇は夏、枝豆は秋、沢庵は冬。沢庵を漬けるのが冬なのでそうなります。で、七草は新年。「妙な言葉のコレクション」が趣味だった弘美さんは、大学生のころ、図書館で「歳時記」を発見して狂喜して読みふけった。それまで見たことも聞いたこともなかった奇妙な言葉が歳時記に載っていて「まるで宝箱を掘り出したトレジャーハンターの気分になった」。

 そうやって十数年たったころ、ひょんなことから俳句をつくるようになった。季語のとりことなっていく日々のエピソードをつづった俳句エッセイ集。絵踏は冬の季で「傾城の蹠白き絵踏かな」(芥川龍之介)の句にある「生と性と死の結びつき」とはなにか。

 朝寝は春の季語で「あらうことか朝寝の妻を踏んづけぬ」(脇屋善之)。「朝寝は、大好き」と語りながらこの句を示すのです。団扇は夏の季。弘美さんの家には全部で二十三枚の団扇がある。お気に入りの句は「へなへなにこしのぬけたる団扇かな」(久保田万太郎)。枝豆は秋。朝顔の種、枝豆、西瓜が「秋の季語・意外ベストスリー」。八月のはじめ、立秋の前日で歳時記での夏はおしまい。

 弘美さん流枝豆のゆで方は、柔らかゆで期→固ゆで期→気まぐれ期のサイクルを二週間ほどで繰り返す。「枝豆や三寸飛んで口に入る」(正岡子規)。食べ物の句になるとガゼン色めきたつ。

 さて、たくわんの章には「死にし骨は海に捨つべし沢庵噛む」(金子兜太)。太平洋戦争のことを詠んだ句を示しながら、祖母が漬けたしょっぱくて、すっぱくて、ひねていたたくあんを思い出す。七草は新年で「せり・なずな、以下省略の粥を吹く」(池田政子)。ははは「以下省略」がいいね。

 季語に関する九十六編のエッセイは、これから俳句を詠んでみようという人におすすめです。十年前に春愁という季語でたくさんつくった弘美句で一句だけ句集に載せたのは「はるうれひ乳房はすこしお湯に浮く」でした。

※週刊ポスト2021年1月15・22日号

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン