• TOP
  • ライフ
  • 5種類以上の薬飲む高齢者 4割にふらつきや転倒が生じたデータ

ライフ

2021.01.12 11:00  週刊ポスト

5種類以上の薬飲む高齢者 4割にふらつきや転倒が生じたデータ

本当に必要な薬をどう見極めるか(イメージ)

「不健康になるリスク」がある薬の飲み方とは?(イメージ)

「これを飲めば症状が改善する」──誰もがそう信じて薬を飲む。だが、それによって健康を悪化させることもある。東京都が発表した処方データから、飲めば飲むほど不健康になる“クスリのリスク”が浮かび上がった。

病院の“使い分け”で薬が増える

 東京都健康長寿医療センター研究所などの研究グループは2020年2月、高齢者の多剤処方に関する論文を発表した。

 同研究では、都内の後期高齢者(75歳以上)約109万人のレセプトデータ(診療情報)を分析。患者1人あたり平均6.4種類の薬が処方され、全体の64.0%の人が5種類以上服用していることが判明した。

 最も多い割合で処方されていたのは降圧薬で66.5%、胃酸抑制薬の38.1%が続いた。

 北品川藤クリニック院長の石原藤樹医師が指摘する。

「高齢化に伴って、複数の慢性疾患を抱える人が増えてきました。疾患ごとに受診する医療機関がそれぞれ異なることが多いため、処方薬の種類が多くなる傾向があり、その分副作用のリスクが高まります。5種類以上を服用している高齢者の4割にふらつきや転倒が生じたというデータもある」

 論文では多剤処方の5つの典型的なパターンを示している(別掲図参照)。銀座薬局の代表薬剤師・長澤育弘氏が語る。

「多剤併用の問題は、飲み合わせによって薬効を打ち消し合ったり、増幅させるという点です。また本来の薬効より副作用のほうが強まってしまうケースもある。こうしたことは今回の調査で分かった5つの処方パターンによく見られます」

※週刊ポスト2021年1月15・22日号

関連記事

トピックス