ライフ

添加物の有無が分かりにくくなった食品表示の「スラッシュルール」

あなたの食卓に、知らず知らずのうちに食品添加物の魔の手が…(写真/Getty Images)

添加物を表示で見分ける新表示にも落とし穴が(写真/Getty Images)

 日頃から口にしている食材に、健康を害する恐れのある食品添加物が含まれているケースがある。そして、その添加物の有無を知るには、「食品表示」をしっかりと確認することが近道だ。

 しかし、その食品表示に落とし穴がある。NPO法人食品安全グローバルネットワーク代表で薬剤師の中村幹雄さんが指摘する。

「2020年4月に食品表示法が大幅に改正され、これまでは原材料・添加物すべてを重量が多い順に表記する方法でしたが、原材料と食品添加物を“/(スラッシュ)”で区切って表示するようになったのです」

 いわゆる「スラッシュルール」と呼ばれており、添加物が分けて表示されるので消費者からするとわかりやすくなったという声が上がっていた。しかしそこには、こんな抜け道がある。中村さんが続ける。

「例えば、赤キャベツ色素という着色料は赤キャベツという植物が原料なので、原材料としても添加物としても扱える。このような原材料と食品添加物の区分の曖昧さを利用し、食品添加物が少ないように見せかけられるようになった。スラッシュで区切ったことで錯覚させられるようになってしまったのです」

 つまり、以前よりも表示の意味を理解し、しっかり確認することが消費者に求められるようになったということ。

 まず始めたいのは、「きちんと食品表示を確認できる場所で買う」ことだ。

 女性セブン記者が通販で販売されている食品について調べたところ、「楽天」は食品表示部分を写真で公開していたが、それがない通販サイトも多かった。消費者問題研究所代表の垣田達哉さんはこう言う。

「通販で買うならば、その商品そのものの公式サイトで原材料などをチェックするか、食品表示を公開している通販サイトで買うしかないでしょう」(垣田さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト