国内

コロナワクチン「当面打たずにただ乗りする人」を減らすには

ワクチン接種率とデメリット割合の関係

 ここで、ワクチン接種のメリットとデメリットを整理してみよう。

 ワクチンを打つメリットは、当然、免疫を獲得して感染を防ぐことだ。一方、デメリットには、接種にかかる費用とワクチンによる副反応が挙げられる。

 まず費用について、日本では、新型コロナのワクチン接種は、誰でも無料で受けられることが決まっている。ただし、ここでいう費用は、接種そのものの費用だけを指すわけではない。

 人によっては、接種会場までの交通費がかかったり、接種のために仕事を休まなくてはならなかったりすることがあるだろう。複数回接種を受けること自体が面倒と考える人もいるはずだ。そのため、費用がまったくゼロになるとは限らない。

 もう一つの副反応について、どんなワクチンでも副反応を完全にゼロにすることはできない。ワクチン接種が始まったイギリスでは、接種後にアレルギー反応が出たケースが報告されている。ただ、副反応にも、いろいろなものがある。一時的な炎症であればデメリットは小さいが、生命の危険にさらされたり、後遺症が残ったりするような副反応となると、大きなデメリットとなる。

 ワクチン接種ゲームでは、これらのデメリットを全部まとめたうえでメリットと比較することで、ワクチンを打つか打たないかを考える。つまり、感染を防げることのメリットを100%として、それに対するデメリットの割合に応じて、それぞれの人が接種するかどうかを判断する。

 何期か終えた後のワクチン接種ゲームの計算結果のイメージを、グラフ(別掲参照)で見てみよう。横軸に接種のメリットに対するデメリットの割合、縦軸にワクチンの接種率をとる。右にいくほどデメリットが大きくなり、その分、ワクチン接種の魅力は下がる。その結果、グラフは右下がりの曲線となる。

デメリットが少しでもあるとワクチンの接種率は大きく低下する

デメリットが少しでもあるとワクチンの接種率は大きく低下する

 このグラフを少し細かく見てみよう。デメリットがゼロならば接種率は100%だ(別掲グラフの1の部分)。だが、デメリットが少しでもあると、接種率は大きく低下する。これは、「少しでもデメリットがあるなら、ワクチンは打たない」という人が出てくるためとみられる。

 次に、そうした人が抜けたあとは、デメリットが大きくなるにつれて、ワクチンを打つ人がなだらかに減ってくる(別掲グラフの2の部分)。この状態では、「ワクチンを接種して感染するのを避けたい」と思う人が徐々に減るため、接種のデメリットが上がるにつれて接種率が下がるわけだ。

 最後に、デメリットがどんどん大きくなり、感染予防のメリットの9割程度になると、ほとんどの人にとってワクチンを打つ意味がなくなってくる(別掲グラフの3の部分)。これは、「たとえワクチンで感染は防げたとしても、重い副反応が出てしまうのでは話にならない」と考える人ばかりの状態だ。こうなると、接種率はゼロまで下がってしまう。

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン