ライフ

追悼・鈴木登紀子さん 「これだけは伝えたい」と語った食卓の作法

家庭料理の大切さを教えてくれた鈴木登紀子さん(撮影/近藤篤)

家庭料理の大切さを教えてくれた鈴木登紀子さん(撮影/近藤篤)

“ばぁば”の愛称で親しまれ、女性セブンでも長きにわたる連載で料理エッセイを綴り、いくつものレシピを教えてくれた日本料理研究家の鈴木登紀子さんが、2020年12月28日、肝細胞がんのため96才で亡くなりました。

 青森県で生まれ、22才で上京して鈴木清佐さん(2009年に逝去)に嫁ぎ、一男二女を育てる専業主婦だったばぁばが料理番組『きょうの料理』(NHK Eテレ)で“日本料理研究家”としてデビューしたのは46才のとき。丁寧な下ごしらえと調味の妙、美しい盛りつけに加え、歯切れのよい軽妙な解説が人気となり、多忙を極める日々が始まった。いつも明るくパワーたっぷりだったばぁばのモットーは、“自分は家庭の主婦”ということだった。ばぁばはかつて、こんな話をしていた。

「(料理教室の)お稽古と撮影・取材で、目が回るような忙しさでしたが、それはパパ(清佐さん)が見守ってくれたからできたことで、私はあくまでも“鈴木家の主婦”。よほど特別な理由がない限り、パパの食事を娘たちにすら任せたことはありません」(ばぁば、「 」内以下同)

“家族に対する愛情は”、女性セブンの撮影スタッフに対しても同様だった。お昼時になると、撮影済みの料理に加え、炊きたてのご飯と汁椀、焼き魚、漬けものなど、和食の基本献立である“一汁三菜”を整えてくれながら、ばぁばはパパさんに御膳を運ぶのを絶対に忘れなかった。

「家族を思い、手をかけたお料理は体を癒し、心を元気にするの。言葉以上の愛情表現だと、ばぁばは思います」

覚えておいてほしい食卓での決まりごと

 いまの時代、ついおざなりにされてしまう料理の“基本のき”とともに、ばぁばが「これだけは伝えておきたい」と切望していたのが食卓での作法だった。

「できれば折敷かランチョンマットと箸置きは家族分用意していただきたいの。そしてどんなときでも飯碗は向かって左、汁椀は右に配して、『いただきます』の後にまず手に取るのはお茶碗。大皿料理やお漬けものには必ず取り箸と小皿を添えましょう。直箸はいけませんよ。

 また、手を添えて食べるのを“上品”とする風潮があるようですが、これは不作法の極みです。手に汁がこぼれたら、どこで拭くのですか。小皿あるいはお椀の蓋でもよいですから、器をお使いくださいね」

 大皿料理にはかならず取り箸と小皿を添えて、子供や孫たちが小さい頃から取り分ける習慣を身につけさせたとばぁばは。常に愛情に満ちていた

「社会に出て困るのは子供たちです。“恥”を教えるのは親の責務ですよ」

取材・文/神史子

※女性セブン2021年1月28日号

ばぁばお手製の「いりこご飯」(撮影/鍋島徳恭)

ばぁばお手製の「いりこご飯」(撮影/鍋島徳恭)

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン