国内

人間が余る時代、「馬鹿ブス貧乏」はどうしたら生き抜けるか

藤森かよこさん。異色の自己啓発本が反響を呼んでいる

藤森かよこさん。異色の自己啓発本が反響を呼んでいる

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。このコロナ禍を、そして、コロナによって大きく変わる世界をどう生き抜いたらいいのか。とりわけ非正規雇用の割合の多い女性の雇用は悪化し、自殺者も増えている。

 そのヒントの一つになりそうなのが、福山市立大学名誉教授の藤森かよこさんが上梓した『馬鹿ブス貧乏な私たちを待つろくでもない近未来を迎え撃つために書いたので読んでください。』(KKベストセラーズ)だ。本書は「低スペック女子向け」の異色の自己啓発本として大きな反響を呼んだ前著(『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。』)の続編でもある。「世界があなたを必要としなくても、あなた自身が世界に居座れ!」と説く藤森さんに、近未来予測と、“持たざる者”のサバイバル術を伺った。

 * * *

「人間が余る」時代が近づいている

──昨年から始まり、現在も猛威をふるうコロナ危機に対して恐怖と不安を抱いた藤森さんが取った行動は、「徹底的にリサーチ」でした。

藤森:不安なとき、恐怖に駆られたときは、自分が怖いと思っている対象について徹底的にリサーチするに限ります。私は生まれて初めて痴漢に遭遇したときから、そうしてきました。昨年の2月から新聞や関連本、インターネット記事などを読み漁って自分なりに勉強した副産物が、今回の新刊になります。かなり厳しいことも書いていますが、未来予測や対策に、見通しの甘さは命取りです。最悪の未来を想定した上で、自分ができる範囲で備えるのが、生き抜くために必要な姿勢だと思います。

──コロナ危機によって、「遠い未来」だったはずのものが、「近未来」になったと書かれています。たとえばデジタル化、AI化の加速、第四次産業革命の到来……。その結果、「普通のその辺の女性(と男性)の雇用が消える未来」が近くなってしまったと。

藤森:こういう方向に世界が動いていくのはわかっていたんですが、私が死んだ後だと思っていました(笑)。今回のコロナが、その流れを加速させたんです。明治維新も戦後もそうですが、歴史を見ればわかるように、世の中、変わるときはサッと変わります。今は「人間が余る」時代が近づいている。その近未来を、私を含めた「馬鹿ブス貧乏=そのへんの普通の女性」はどうしたら生き抜けるのかを考えました。

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン